4年間かかって『論破』する

終わった。
ルートの章のやり込みが終わった。
最後の問題の答えは−√3
感無量。


小学6年の時、自ら校長室に出向いて「僕ここには来ません宣言」をした息子もはや中学2年の終盤です。

彼の小学校時代は、全体に合わせるための過剰反応と、周りと同じように感じられない、もしくは割り切れない自分がどこかおかしいのではないかという不安に苦しみ抜いた長い期間でした。
もちろん当時は彼も自分の気持ちをこのように言語化できた訳ではありませんから、親子でお互いの気持ちを理解しよう、何に困っているのかを言語化させようと熱くなればなるほど親子げんかを繰り返しました。まるで嵐、それも真冬の日本海側、霙まじりのしぶきがテトラポットに叩きつけるような嵐の数年間は今思い出してもどっと疲れます。

校長室への単独訪問と宣言で両親が折れ、最終的に完全不登校を受け入れたのち、学校には日々の電話での登校意思の確認や宿題提出連絡をしないよう頼み説得し、最終的には管理職である校長教頭両先生を論破しました。

親としては「学校にきて勉強しないと将来がない」と不安を煽られ、学校側は責任問題になるのをおそれている、そこで私の意見のポイントは関与の完全拒否、我が家では「自家発電」と呼んでいる考えです。
小学校への具体的な要望はこれでした。
「学力は家でつけますので配布のプリント類も一切届けないでください。将来、学校がきちんと面倒を見なかったせいで進学もできないじゃないか、なんて絶対に言いませんから」


小学3−4年のときに「計算障害の可能性」を指摘された彼はいま、学校へ行く同級生よりほぼ1年早く様々な問題集の√の章を終えました。写真にある教材をかたっぱしからやる、という蹂躙作戦のような勉強方法で、最高難易度の問題集などはやっていません。

しかしながら、思春期になり自分の意思を強く主張するようになった息子と、母親が毎日顔を付き合わせて勉強会をすることは、私にとっても彼にとっても限界になってきているのも事実です。
それでも、彼に進学の道をつけないことには「論破」にはならないと思うのです。あと1年勉強会を続けて息子の高校への道を開いたら、その時初めて私の発言は意味を持ち、私は校長先生を論破したことになるのでしょう。

同志社大学商学部1回生の底力

昨日に引き続き、今月初旬に同志社大学で行った授業についての報告です。


6クラス、150名弱の若者達はとてもおしゃれ。「屈託のない」という言葉がぴったりのキラキラした都会的な学生達でした。

私がほれぼれする彼らの強みは2つ、新しいことを恐れない事、考えることを厭わない事です。

以前の記事で、この学生達の観察力や論理的思考について書きましたが、今回はクリティカル・シンキングを軸に彼らのディスカッションを報告しようと思います。この「クリティカル・シンキング」巷では「批判的思考」という和訳が広まっているようですが、私はそれには反対です。critical thinkingという概念はサクッとした名詞句には和訳できないと思っていまして。では何かというと。これは複数の要素を含んだ概念で、その中で私が好きなのが前提を疑う勇気、そして新しい意見を支える具体的な証拠を見つける力の2つです。

私が彼らに選んだのは、サンフランシスコにあるメキシカン・ミュージアムのコレクションのこの作品。

これまでこの絵画をみた受講者(ビジネスマンや大学の先生など)のほぼ全員と同様にかれらも最初は「この真ん中のベッドに寝ている人は病気」という意見から始め、次に「隣にいる人は看病しているお母さん」と人間関係にと視野を広げてゆく同じ道をたどりました。

その中で、とあるクラスでは、ひとりの学生の発言から、全員が絵の右下の人物像らしきものに注目し議論が続くという時間がありました。
「右下に病気の女性の息子が手持ち無沙汰でボールを持って遊んでいる」
「右下にいるのは、子供ではないと思う。なぜなら靴が革靴だから、この体の大きさから見るとこれは小学生、それも低学年だろうし、それがジーンズに革靴は履かないだろう」
「いや、これは大人だ。子供ではない、体全体のバランスがおかしい。身長が伸びない病気があると聞いたことがある、その患者さんだろう」

学生達のクリティカルシンキングは、私が出会った何人かの大人が見せた反応、斜に構えたり皮肉を言ったり冷笑したり、とはまるで違います。目の前のものを面白がりながら詳細かつ正確に自論を展開しようとします。それも軽やかに。


「手に持ってるもの、ボールじゃなくてハンバーグ」誰かが言いました。


学生達は「お前、アホかあ」とニコニコ笑顔
私「すばらしい!ユニーク、いいねえ。では、これがハンバーグだという具体的な証拠はこの絵の中のどこにありますか?」ハンバーグくんは、自分の意見が単なる面白ツッコミとしてではなく『優秀な意見』と認定されたことに戸惑いながらも真剣に証拠を探して論理的思考を働かせた発言をしてくれました。


すると、じっくりと彼の意見を聞いていた30名の誰しもがいうのです、「あかん、もうハンバーグ以外には見えない」「ほんとに」「どう見てもハンバーグやわ」


「直火焼きやわ」
どこからか声が。そして続きます
「そう思う証拠は、シーツに汁がついていないから。デミグラならしみになっているはず」
ここで30名余りのクラス全体がフワッと花が咲いたように納得と安堵と面白エネルギーと若さに包まれました。これを書きながらあの時の空気感を描写しようとする私の頭には、ドラゴンボールの1画面が。悟空が撃つ直前、手中のかめはめ波はあんな感じだっだったのではないかと想像しています。

終わりに、長い事「センセイ」と呼ばれてきた自分を顧みました。ガリレオガリレイだって、最初は「アホか」と言われたのです。私たち教育に携わるものは、このような『飛び道具のようなエネルギー』を大事にしていかないといけないと心から思います。

先生30年目にして、なんだか諦めモードに入っていた私の性根にカツを入れてもらった。同志社大学生商学部の1回生のみんな、君たちの底力はすごいよ!

同志社大学でのアクシデント-1

11月の終わりから12月の第1週に同志社大学でビジュアル・シンキング・ストラテジーズの
授業をさせてもらった。

新島襄の教会が立つキャンパスは重厚で
さすが関西が誇る「かしこブレイン 」のたまり場だと思った。

この若者達の素敵さは以前のブログ記事にも書いているので、ここでは熱量を下げて書くように勤めるが、あの日以来私はこの国の将来に明るいものを感じて安心しきっている。


さて、そこでおきたアクシデントについてまとめたい。

それまでに私はオンラインで60回以上の
ビジュアル・シンキング・ストラテジーズのディスカッションを主宰していた。参加者は日本及び米国やタイ・フィリピンなどからで主に30−40代の人々。終了後、参加者には全員にアンケートを送り、回答を集計していた。そこには時々、「どうしようもなく萎える」答えがあった。それは『楽しかったけれど、なにを学んだのかわからない』というもの。

さらに、同志社大学での授業の数日前に日本を代表する企業のビジネスマンから「これは日本には馴染まなない」という感想を言われたばかりだったこともあり、学生の反応が恐ろしくて仕方なかった。

そこで授業の前の夜、泊まり先のホテルで私は完璧に仕上げたはずのスライドの変更をし始めた。90分の授業が終わった後、大勢の賢い若者達に言われるのに怯えていた。「いったいこれは何だったのか?時間の無駄だ、いつもの教授の授業とは全然違うじゃないか、せっかく来たのになんじゃこれ」

スライドに加えたのはこの文言

私は自分の逃げ道を作ったのだ。


さて当日の授業が始まりまずは今からやることの説明、自己紹介のスライドなどが終わり、開始直前の注意事項の最後にこの文を読んだ、よしこの流れのまま本編に突入しようと思っていた。

挙手
それも最前列の男子が挙手、
そのコートはバーバリーか、手強いぞ。

指すしかない。
ちょっと長髪の彼は言った「最後の文章に疑問があるんですよ、そこに『決してスッキリしません』と書いてありますけど、それって違いますよね、スッキリすることもありんじゃないですか?しないと言い切れますか?」

いや若人よ、何言っているのだ、大人達の多くが冷ややかに扱ってきたのだぞ、この教育を。


教壇に立っているとクラス全体が見渡せる。疑問をぶつけてきた彼の後ろには、30名余の「関西を代表するかしこブレイン 」たちが私の答えを待っている。あかん、本気で答えないと場が治らない、だが本気の答えはたくさんの大人に冷笑嘲笑されてきた、、。

ええいままよ。「君のいう通りです、今から絵画を見て、そこで発見したことを、きっちりと論理的にバックアップできて、腹落ちさせることができたら、その時はスッキリします。実は今まで何度もこの考え方を説明してきましたが、受け入れられないことが多く傷ついてしまったのでこう書いて自分を守りたかったのです」

彼はさらに鋭い閃光のような質問を投げかけ、私は間髪入れずど集中で返答する、そんな攻防が2、3度あった後、若者は満足したように頷くとにっこり笑った。



たくさんたくさん勉強をしてきた賢い大学生達はこわい。目が肥えている。ここで私が判断を間違えてお茶を濁して当たり障りのないことを行っていたら30人強のクラス全員がビジュアル・シンキング・ストラテジーズを見限ったと思う。



この世代の若者達が日本の中心になる日が楽しみで仕方ない。なんとか彼らの役に立てないものか、それを考え続けている。









ぼったくりメカニズム

この本はすばらしい。
理由は、これを読めばなぜ私たちはぼったくられるのかがスッキリ理解できるからだ。

書き出しからノックアウトされたこの本、
こう始まる
「私はこれまでの人生でぼったくられ続けてきた」


私達がぼったくられるのはお金だけではない。
時間も、そして「気持ち」も。
個人的にはこの「気持ちぼったくり」されやすい性質というものは特定の生育歴によるものだと思っていた。論理的でも理性的でもない厳格な躾で訓練されると。
この著者は心理学者、そして公言する「人生でどんな軽めのぼったくり技にもかかってきた」と。しかし、幼少期に軍隊のような家庭で育てられたなどという記述はまるでない。


1番驚いたのは、私たちがぼったくられる理由は、我々人類の進化の過程で種の繁栄を守るために「ぼったくられ癖」が埋め込まれているから、というもの。

さらに、興味をひくのは様々な生物の例、ぼったくられて命を落とすある種のホタルの例や、うまいこと騙されてしまう七面鳥のお母さんの例など、悲しいくらい身にしみる動物達の実験結果が著者の主張に厚みをもたせる。きっとカッコウのお母さんもそうなのではないか、今これを書きながら思ってさらに哀しい。


作者のいう「ぼったくり」の中にこんなものがあった。
ボーイスカウトの少年に近所で出会う話だ、寒い冬でも短パンでピチピチしている11歳がキラキラ目で挨拶してくる「おじさん、今度の土曜日の夜、僕らは年に一度のボーイスカウトサーカスをするんです。チケットを買ってもらえませんか?」
ボーイスカウトが大の苦手な著者がためらっていると、少年はこういいます、
「じゃあ、みんなで手作りで作ったこのチョコレートバーを買ってくれませんか?1つ1ドルです。」

この、チョコレートが大嫌いでムダ使いもしたくない心理学博士はどうしたと思いますか?



本にはこう書いてありました、
「気がつくと僕の手には世間の相場で考えると値段設定高すぎのチョコレートバーが握られている。
『なんで?なにが起きたん今? なんで僕食べられもしないチョコレート買ったん?それも2本も』」

そこに続く著者の考察の展開はさすが認知心理学のプロ、とてもわかりやすい。
ベストセラーになるはずですわ。

日本語版はこちら
ただし、私はこちらは読んでおりません
感想はあくまで英語版のものです。

百戦錬磨の医師も認めた交渉術

この本は素晴らしい。
なぜなら、誰が読んでも自分ごととして学べる知識が順序よく展開されるからです。

先日、風邪をひいたので行きつけのクリニックに出向いた。
そこの先生は精神科の医師としても働いていたことがあり、言葉で患者をいやしながら導いてくれる。
私なぞ先生の「のらりくらり言葉」で見事に6キロ減量成功。
それを先生に褒めてほしくて伝えると返ってきたのは看護師さんの「うちそういう人多いのよ」のひとこと。


さて、そんな先生は私と話すのを楽しみにしていると言ってくれる。
そこで体調悪いながらも毎回ねたを持ってゆく。今回はこの本。
「ちょっと見せて」とペラペラ眺めていた先生、おもむろに白衣の胸ポケットからメモを取り出し書きながらひとこと「この本、すごくいいねえ、買うわ。読む」


現在、私自身が急な仕事環境の変化に戸惑っている。
夫に「あんたの仕事は、対生徒からto Bに変わったんだよ」と言われた。
なるほど大変化だ、なんとかしないと。
経験がないからせっかく「打ち合わせ」というものに招待されたのに、なにを話していいのかわからない。
もうそうなると相手に嫌われたくない、なんとか楽しませないと、と自分のしくじり先生トーク全開で笑いをとるしか場がもたない。
後に残るのは「いったいこの機会はなんだったのか??」という疑問と大いなる後悔、ざんげ。

ともすれば著者の経験談を語ることが多いように私は感じるビジネス本。
読んでいるうちに、あなたの働く超有名多国籍企業と私のような一兵卒とでは、立場も待遇も違うわ無理無理、そう落ち込んでしまう。

この本の主人公は「交渉下手な内気な流されやすい会社員の窮地を、交渉超うまい星からきた宇宙人が助け船を出す、いわばのび太と説明上手なドラえもんとの二人。
このドラえもんポイ宇宙人は便利な道具を出すだけでなく、その後の主人公が助けなしで交渉できるように腹落ちさせてくれる。

社会人になる前の大学生も、交渉というものに興味がある高校生も読めるのではないでしょうか。
何しろ、海千山千のスーパードクターまで購入したくらいですから。

これを読んで「話し合いがうまくまとまらないとき」が億劫ではなくなりそうです。
「その背後になにがあるのか」「いつがやめどきか」気持ちよく理路整然と書かれています。

縄を編む

14歳の息子には「みうらじゅん」先生のいうところの「マイブーム」がおそいかかってくるそうです。


不登校なので(分担されている家事)以外は丸丸一日の時間を好きなように使える毎日を送る彼。暇そうなので、リビングの本棚にワナを仕掛けるのも私の仕事です。

今日の仕掛けはこれ

きっと明日には「みうらじゅんが言っとったわ」とか言い出すはずです。
アホほど釣れます、釣り堀です、入れ食いです


そんな彼の「マイブーム」は、藁編み。


なんでも
身長の何倍かの長さの藁縄で、その人の足の大きさにぴったりのワラジが編めるとか。買ってきた縄を水につけてトントンとなめしてから編んで床に伸ばし、その横に寝転がって「もう少しだな」とつぶやいています。


母は「しめ縄を作ってほしい、良い出来なら買い取ります」と息子に進言。「よし、わかった」と彼。うまくいったら、祖父母の元にも行商に出るそうで、さすが「みうら先生」、もうすでに「ない仕事」が作られております。


The title of the book is “Creating a job which did not exist”

My son is so into old-fashioned lifestyle. These days he is weaving the rope hoping to make Waraji (Japanese Old style sandals which were worn by Samurai). I told him to make one for me, and if they are good enough, I’ll buy them. Accepting my offer, he mumbled “maybe I should make some more for my grandma and grandpa.”

How smart.
Obviously the book worked.

審査に合格

6週間前
エッセイ(英語)と
動画(私も参加者も全て英語のみ)を送り
合格か不合格か待ちに待った結果が届きました。

めでたく合格、
日本人ではじめてのVTS公認ファシリテーター
となりました。

ここから、です。

I made it!
Christmas present for me has arrived a bit earlier. Now I am a VTS certified facilitator.
I feel great and dizzy.

失語症のかたとビジュアル・シンキング・ストラテジーズ

ご縁というのは不思議なもので
失語症の患者の会の代表のかたと知り合った。

少しまえ、知人のやっているYoutube Liveに
ゲストとして出演したことがあった。そこで
わたしはほんの短い時間ではあったけれど
司会者ふたりに対してビジュアルシンキングストラテジーズのファシリテーション をした。
その生放送を観ていた彼女が、「おもしろいですね」とコメントをくれたのがきっかけ。

失語症に関してはEテレの「ハートネットTV」で観たことがあった。事故などで脳の機能がダメージを受けることにより、言葉が出なくなったり、意図している言葉と全然違う言葉が口をついて出る、など患者の方ひとりひとりで
症状も程度も本当に違うのだと思った。

早速連絡を取り、「やりませんか?」とお誘いした。言語療法士でもないわたしが言葉を誘発するかもしれないからとだけの理由でお誘いするのは正直怖かったけれど。ここの思い切りは
これまでに数ヶ月受けたファシリテーター講習で沢山論文を読んだから、それと同じく米国で読んできたどえらい量の言語習得に関する論文がわたしに「やってみなはれ」と背中を押したのだと思う。学問って、やっている時は「こんな理論とか仮説とかばっかり何本も読んでなんやねんこれ」と思うことがしばしばあるけど
何か新しいものに突っ込んでゆくときに腹を括らせてくれるのはそれだったりする。



当事者グループのリーダーの方とブリーフィングをするうち、彼女がこう言った、
「病院にいくでしょう?言葉がなかなか出てこないんです、私たち。時間がかかるでしょ?
『お名前は?』と聞かれると、付き添いの家族がよかれと思って答えてしまう。

 私たちだって、名前くらい、
 自分で言いたいんです」

もっともだ。
かっこいい!


やりましょう。わたしの持っている限りの知識と経験値と全身全霊をかけて、みなさんと絵の観察をしたいです、わたしはそう答えていた。


当日は、みんなの発言をチャットにタイプ(前文ではなく要点だけ)してくれる係の方も加えてのZOOM実施。フタを開けてみると、みんなお腹の底から笑い、なんの問題もなくおしゃべりを楽しみましたよ。パンチ力のある上質のアートだから、自動的に話したくなる。一番たくさん手を挙げていたのは、当事者の方々でした、それがとてもとてもうれしかったです。

このような特別な機会を与えていただいて
ファシリテーター冥利につきました。
早速米国の本部に報告、
リーダーからの返事は
「世界初だわ!
こんど、 TEDで話してみない? 
ちょっとした思いつきなんだけど、まだ」

えっ!?!?!?!?!?

ビジネスの日本語は外国語

30年、、、私が「給料」をもらう立場になってからの年数。おそろしくながい時間がたった。

絶対に、これからのキャリアの方がこれまでよりも短い。これからの仕事はこれまでの蓄積でなんとかなるはずだ、そう、思い込もうとしていた。
もしかしたらそうはいかないかもしれない、いま一度、新しい知識体系を身につけないといけない、ここ2−3年はそう感じていたにも関わらず。

Alas, キタ!
コロナが流行り、日本もほぼロックダウンにはいる。様々な企業が収益確保と存続のためにオンラインを多用しはじめる。
そのおかげで私も現在、自宅にいながら本来はベルリンやサンディエゴに滞在しないと学べなかったことを楽々学んでいる。
教育業界で教える立場として30年働いてきて、この喜びは裏返せば自分の仕事が「オワコン」であることの証明だった。

もう逃げられない。

ということで、今年にはいって私は人生初
日本語で話してギャラをもらった。夢のようだ
生きているうちには絶対無理だと思っていた「英語の先生以外の方法で社会的に評価される」という奇跡がふりかかったのだから。

しかし、好事魔多し。
ビジュアル・シンキング・ストラテジーを広めるには無名の英語教師の私ごときが声高に叫んだところで商品化などできなかった。そこで
私の「to B ライフ」が始まったわけだが、悔し涙に濡れる日々を過ごしている。
日本及び外資の教育業界で働く30年は身に余るほどの感謝と教える技術や現場力を私に与えてくれた。
それが、どれほど隔離された小さな世界だったのかが初めてわかった、いややっと認める気になった。今は日々鞭打たれている状態だ。


「やっぱ、これしかないじゃん」

米国で3年弱の留学の最初の頃、友達がいなかった。大学の試験には合格していたし、
日常生活にそんなに苦労はしなかったけれど、自分の持っているコンテンツを相手の欲しいようにアウトプットする技術がなかった。

その技術とは武道家であり思想家である内田樹(たずる)先生が著書に記された「ストックフレーズを覚える」ということ。

例えば、30年以上前の学生時代の私はrelateという単語もI もcanも知っていた。
しかしながら「わかるわかるう、おなじおなじ」という意味のI can relate. なんて文章は組み立てられなかった。
単語から立ち上げてゆくのは無理、となると丸呑みして覚えるしかない。
重たい教科書何冊も抱えながら日々アンテナをはり、生活の中から、こんなフレーズを嗅ぎ取ってメモ、
自宅に帰り辞書で意味を確認し、掲載されていないものをためておいては日本語授業の生徒に質問しまくった。
(アメリカの大学で日本語を教えていたこともあります)
それをメモ帳に書いて、ひたすら覚えた。いつも持ち歩いては授業の待ち時間や自室でお湯が沸く間などとになく繰り返し見て口に出した。



このやり方は、多くの受験生に伝授してきたもので、合う人には効果的。
これまでの合格者は、東京大学大学院、東京外大、マサチューセッツ工科大、ロンドン大学大学院、上智大、東京女子医大、などを卒業し華々しく活躍している。

先祖返りというのだろうか。
はい、始めました。
時々生徒ちゃんに「こう作るんだよ」とデモ版は自作していたけれど、本格使用は何十年ぶりだろう。
今年何度かあった「いったいあの打ち合わせは何のためだったのだろう?そもそもあれは打ち合わせだったのか? いや打ち合わせって何だ?」
のときに、この一言さえ知っていたら!
『なにかひっかかりますか?』

このネタ元の本はこれ

先日授業をさせていただいた同志社大学商学部の1年生がこのブログを読んでくれていると思う。お気に入りのビジネス書を買って、心に残ったストックフレーズをメモしちょくちょく見て自分の語彙格納庫にしまってほしい。

ビジネス界って、思ったよりずっと独特な言い回しが多い。結局は人間なんて言語でしか意思を伝え合えないのだ、不便な道具ではあるけど魅力的な道具。宮大工の神様みたいな人の道具箱を竹中工務店の博物館で見たことがある。かんなだけでもどえらい種類と数量だった。

「こんな日本語あったのか!」と驚くことしきり。そして頻繁に起きる現象は「これ、英語でなら言い方知っとるわ」というフレーズ発見。

日本語のOSを英語に入れ替えて、今回は入れ替えずにプラグインだな。逃げるな、わたし。

一次選考通過

毎日5時間連続で楽しんだグラレコの
ブートキャンプも3日前に終了。
夜の1時ごろ脳がギンギンに覚醒するというドイツ時間の時差ボケはまだ続いております。


さて、その最終日、最後の休憩時間にメールを開いたところ、こんなメールが。



この度はナレッジイノベーションアワード
ナレッジキャピタル部門への応募をいただき
誠にありがとうございました。
厳選なる選考の結果、ビジュアリンガル様の

「VTSビジュアル・シンキング・ストラテジーズ」が一次選考を通過されました。
おめでとうございます!
二次選考へと進めさせていただきます。


これです(ホームページよりお借りしました)






有頂天になるまい、
なるべきではない。

だって、まだ2時選考もあるのだから。
でもですよ、
もし、もし2時通過した場合には
7組程度のファイナリストがホールでデモンストレーションをし、
それはYoutube live で生中継されるようだ。(といってもコロナ次第では
今年のように中止されてしまうかもしれませんが)


日本でただ1人のVTS ファシリテーターという立ち位置は誇らしいけれど、裏を返せば、誰も知らないものを広めようとしているということ

孤独なミッショナリーのアラフィフにとって
この一次選考通過のお知らせを 心からありがたいと思う。評価してもらえると血流がサラサラになり老廃物がどんどん流れ出していく気がする。

まだがんばれる

今回2時選考に残らなかったとしても
来年までに事例を積み重ね、また応募しよう。
この賞の存在と事務局の方々に感謝します
ってそれは来年にとっておこうか。