ここにきて
アートとビジネス関連の本を
しこたま読んでいる。

目的は「狩り」

ビジュアル・シンキング・ストラテジーズ
とは何か、を日本の皆さまに伝える言葉を
私は持っていない。

英語でならまだ言える、
所属する団体のホームページに
説明が書いてあるから
それを咀嚼し自分の経験からの理解で
説明文を書けばいい。


日本語ではまるで勝手が違う。

理由は簡単、
日本語の説明が存在しないのだ。

正式な講習を修了したのが
日本人では私しかいない、
ということは日本語の資料は
全く無いのである。


たくさん読んで
大事な言葉をどうやって
脳のフックにかけておくか、
一時はスケッチノートでまとめていたが
それではひとつの本に集中しすぎて
全体の流れが読めない。


そこで発明したのが?
この「仙台七夕読み」
遠慮せず躊躇せず
「ささる」言葉やアイデアの
載っているページにポストイットを
貼り、自分なりのまとめをメモる。

文中そのままの表現を書くと
何かの発表の折に使っちゃうかもしれず
コピーライトの問題が起きるから
咀嚼とふりかえりとまとめには
文字通り「唸る」


このやり方で
バッサバッサと数十冊読んでいき
根底に横並びになっている背骨のごとき
コンセプトを洗い出す、
それは
「蟹読み」
と呼ばれている。
いや
呼ばれたい
ちゃう
呼びます!
今日から。

「仙台七夕読み」と
「蟹読み」
広まるだろうか、、


私の読書法
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)

おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です