近所に小さな畑を借りている。

中学2年の息子は、全く学習塾に行っていない
何箇所か行ってみたけれど、合わなかった。
彼にはLDがある、小さい文字が書けない。

それ以外は全く何も困るところはない、
強いていうなら、同調圧力が無理なだけだ。

そんなことが理由で「学び」に集中できる時期を
ぼんやり過ごすのはもったいない。
ある年齢になれば「学生」というステイタスは選択肢から消え
生活してゆくためにお金を稼がないといけない。

学校の机が卓球台半分くらい大きいなら
まだ行けたかもしれないが。
いや、合わないだろう、合わないと本人が言っている。

毎日親子で英語と数学を勉強して年が終わろうとしている。
「計算障害かも」と言われていた彼はいま、
ルートの計算をバリバリ1人で解いている。

畑は「生物」の代わりでもあり、人格形成の場でもある。
世話をしないとうまく育たない、精魂込めても全然育たなかったものもある。
理由がわからない、不条理だ、それをいっぱい経験してきた彼は
来年、自宅玄関先に「バケツ稲作」をするそうだ。
なんでもとことんやってくれ。
お世話になっている米農家にメールを送る
「できれば種もみを売ってください」

写真のものは今日収穫したばかりの「黄金カブ」
お鍋にしたら食した夫が言った
「こんなにうまいカブ、食べたことないわ」


新鮮な野菜から出る旨味と畑作業は中毒になリます。

レンタル畑3年目
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です