長年ストラテジストとして働いてきた夫に言われた、
「あなたもついに to B になったんやね」
(正確には覚えていない、この to B という
言葉に意識が集中しすぎていたので)


いきなり話はとぶが、私の父は船員だった。タンカーとか自動車専用船とかの何万トンの船の
。休暇で日本に帰国した彼が友達と釣りに出かけたことがあった。 迎えにきた地元の漁師のおじさんが父に言う「〇〇さんは船乗りじゃけえ、船長、任せとこか。でっかい船だそうだな」

夕方、その彼が帰宅したとき、送ってきたおじさんは私に言った「お父さん、かっぱ じゃのお」父は真っ青な顔で家に入り母に言った「布団を敷いてくれ」おじさんの軽快な語り口調から父が乗船直後からえげつない船酔いで海に出てから頭を日本海に突き出してずっと船腹にしがみつき続けていたことを知る。
おい! 海の男ではなかったのか!

「かっぱ」とは、船乗り仲間の言葉。陸に上がったら干上がって使いものにならんと言う意味


そのエッセンスはDNAを通じて否応なく私に継がれているようだ。英語の先生をやめて日本語で仕事をするようになってやっと1年、断言できる「私はかっぱです」いや「かっぱ2号です」


正調ビジュアルシンキングストラテジーズを日本に広めるのだ、と息巻いて開催していただける場所を探している。先日、夢のような場所に飛び込み営業をかけ、なぜだかOKをもらった。詳細をまとめてオーナーにお渡しせねばならぬ。これを「1枚企画書」というのだそうだ。


なにが必要情報なのかわからない。夫に助けを求めると「人の気持ちになって書け」と繰り返し言われる。海千山千マーケティング現場で働いてきた夫の言葉は、例えるなら英語が全くわからない人がBBCのラジオニュースを聞く状態だ。夫は日本語を話している、私の母国語は日本語だ、でも1ミリもわからない。泣きながら「わからない」と訴えても彼は困り果てるだけ。

もし、誰か英語のわからない人が、私に「論文を英語で書きたいんですけど、どうしたらいいですか?」といってきたら、どうするか。特にその人が大事な人の場合、事態は複雑だ、きっと私も困り果てるだろう。


それでも、かっぱでも、かっぱなりにやらねばならぬ。やり続けていれば進歩はするようだ。例えば、発表用のkeynoteでスライドを作り続けること1年たち、やっと夫から「もう僕のアドバイスはいらないね」と卒業の言葉を聞いた。


企画書ってなに?イベント企画書ってなに?
ネットで調べても「ビジュアルシンキングストラテジー企画書」なんて1件もヒットしない。

日本初、ということはカッコいいことよりも、認知をあげてゆくことに苦労する。ぶち当たり泣き、吠え、助けを求め、本を読み、ますますわからなくなり「キミは本当にビジネス書が好きなんだね、最近」と夫に勘違いされる。

なんなのだ、企画書って。
いや、私のやろうとしていることの企画書ってなんなのだ。虚しい、誰もやったことのないものは誰にもわからないのではないか、おそらく。

だらだらと長くなったのは、なんとか逃げようとしている態度の現れ、あかん。大好きな京極先生の講演会動画でもみてガッツ注入する。

企画書ってなんだろう(´⊙ω⊙`)
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン

企画書ってなんだろう(´⊙ω⊙`)」への2件のフィードバック

  • アバター
    2021年1月20日 10:46 AM
    パーマリンク

    1枚企画書。大事ですよね。
    その中に凝縮された知志果(今作った)。いいね。

    場を作れ
    されば集まらん(集まるだろう)
    知を求める
    志を持った友が
    そして果を渡そう

    返信

Visualingual-oka へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です