あいかわらず、ZOOMで海外に出かけまくっています。今日はMoMA:ニューヨーク近代美術館が年に3度ほど開催するArt21という教育プログラム。

さすがブランド! 200人以上が参加したウエビナーでした。まずはお約束、みんながどこから参加しているのかをチャットでHello.

今日は東京からもおひとり参加、日本勢は2人でした。上のイメージは私のスケッチノートです。3人のアーティストがそえぞれのナラティゔをどう制作に生かしているのか、という話。

左のおじさまは哲学畑の方、右上のお姉さまは東インド会社や植民地の話をされてました。右下の方は、コロンビアで治安がとても悪い頃の話、連れ去られておそらくは殺されてしまった人たちの靴からの話。

時折、学芸員たちが投げかける質問に
世界中の参加者がチャットで答える形式でして
それぞれの捉え方の違いにほくほく。どの意見もいいねえ、と思いました。うまいなあ、この言い方、的確だなあ、と思うものやwonderfulと一言で終わるもの。私は後者なので、願わくば、私もダイヤモンドみたいにキラッキラの語彙や強くて硬い表現力がほしい!と痛感しました。

大好きなジェームスボールドウィンやマヤアンジェロウの話も出てきてああ嬉しい。


アメリカの大学で文学の授業を選択したときに
初めて出会ったナラティヴというジャンル、
私は大好きです。「ひとに歴史あり」という感じがするんです。

今日の話は個人レベルからさらに大きなスケールの話でした。発信力のあるアーティストだからそういった昇華ができるのだろうと、改めてアートのもつパワーにどっぷりつかった幸せな90分はあっという間でした。


私のVTSは美術的な知識はほとんど教えないスタイルで、やっぱり学校の先生たち向けに作られているのだなと認識。それならやっぱりファシリテーション 技術を磨くしかありません、やぱそうだな。

MoMAでアートの勉強
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)

おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン