今朝は2つの勉強会に出た。
夜中1時からの〈ビジュアルジャム〉はイギリスから。
ヨーロッパのグラフィックレコーダー仲間が
たくさん画面に現れる、プライベートチャットで
いつものようにおしゃべり。

もう1つは私が所属するvtsで
ファシリテーション の勉強だ。

事件は前出の「ビジュアルジャム」で起きた。
今回は「キッズ・スペシャル」
初の試みで、グラレコやってない人もオッケー
親子でお絵かきを一緒に楽しもう!という画期的なもの。





私ごとながら、先日、オンラインで
幼稚園に行っている子供達向けの講座の依頼を受けた。
有名どころだし、ギャラもいいし、
当初はノリノリでいたのだが、、、
結局、泣く泣くお断りをした。
子供はこわい、
彼らは「忖度」なんかしてくれない。
生きる「自然」だ。
ちょっと気分が悪いと道の真ん中で大の字になって
大声で自らの要求を叫び続ける。
オンラインで集中力できるのは数十秒だろう。


案の定、今日のイベントでも悲劇は起きた、
妖精に扮したグラレコのお姉さんが
ホワイトボードに絵を描いてゆく、
「ここに目をかいてね、スマイルよ」
いきなりツッコミ
「なんで笑うねん、面白くないのに」
(本編は全て英語なんですけど、関西弁で)
お姉さんとその子供とのやりとりは延々続く。
そうも、親はめんどくさいからほってある様子、
お姉さんが悲鳴を上げる
「この子のお母さん、誰?どこ?
 予定がだいぶん遅れてるの、ミュートにして!」
そんなこと、子供は気にも留めないで
空気が凍りつくことを繰り返す、
「そんな脚、走ってるように見えない」
「目が1つの生き物なんておらへんわ!」
妖精お姉さんの顔は強張る。
スタッフも顔見知りのグラレコ仲間も必死に
ズームのグリッドで「犯人(ホシ)」を探す。
だが敵は子供、そしてほったらかしの親、
カメラオフ という最強の武器を使ってる。

スタッフは皆、海屋やバットマンに扮し
素晴らしいオリジナルのアニメーションを作り
優しく楽しい時間を提供してきた。

「このこのパパ、ママ、ちょっと聞いて、、」
そう妖精が言いかけた時、ブチっと音が消えた。

ホストが伝家の宝刀を抜いたのだ、
「参加者全員をミュートにする」

妖精は問いかけができなくなった。
でも
心なしかさっきよりずっと楽しそう、
誰にも語りかけることなく完全にカメラに背を向けオリジナルキャラクターを書き始めた。

ああこわい。
200人の自由で楽しい優しいコミュニティーが
たったひとりの「ほったらかし子供」によって崩壊した。

ホストのみんな、
お疲れ様でした。
ああ、だから、子供はこわいのだ。




こどもは恐ろしい
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)

おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン