全米の先生達と一緒に勉強


私は海外の団体に6−7つ所属している。
グラレコ関係と教育者関係が多い。

International Visual Practioners Forum
vts= Visual Thinking Strategies
International Visual Literacy Association
Bikablo Almuni

そしてこれ
ニューヨークタイムズラーニングネットワーク

このメンバーは主に米国の学校の先生達で
年に3度ほどウエビナーを一緒に受けて、
アイデアをシェアして一緒に学ぶ。

vtsはニューヨークタイムスとコラボレーとしていて、写真を使い全米中の主に高校生がチャットやメールで議論を展開する学びを主催している。それが縁で、3年前からこの新聞の電子版を購読している。日本の新聞を読んでいるだけでは近視眼的になりがちなので、この新聞を読み台所仕事の時にはBBCをかけている。日本とアメリカとイギリスの3つのニュースを網羅する。


今回の勉強会「ラーニングネットワーク」の
お題はAugmentative Writingの教え方。


Perdue 大学の記事ではこう定義されている。

The argumentative essay is a genre of writing that requires the student to investigate a topic; collect, generate, and evaluate evidence; and establish a position on the topic in a concise manner.

まるでvtsではないか!

このライティングとは、生徒がトピックを探し、証拠を集めてそれを評価し、自分の議論を展開させて書く、というもの。


今回もスケッチノートをしたけれど
ちょっと書きすぎてしまった、反省。


やはり、今時の教育のキモは
「自分のアタマで考える」ことだ。

⚫︎自分で問いを立てられる

⚫︎自分なりの答え(仮説)も立て

⚫︎バックアップする証拠をかき集め精査し

⚫︎うまいこと展開させる


とは言いながら、こんなのアメリカでは
何十年も前からやっている。
日本はどうだ?
これから厳しい状況になるだろうこの国、
そこで生きてゆく若者達に、
なんとか私が学んできたことを伝えたい、
余計なお世話かもしれないけど
そう思わずにはいられません。






The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)