自分がわかっている VS わかりやすく人に伝える

今日一日論文ばかり読んでいた。
ビジュアルシンキングストラテジーズに関しての理解がどんどん深まっている。
論文を読んで気になったところを深ぼりし、横道に逸れてさらに掘り進む、
なんとか元のみちに戻ってみると、体系的に理解が進んでいて嬉しくなる、
興奮する。

でもそれが今すべきことじゃない。


論文を読んでいるのはもちろん英語、そして私の理解もメモも英語、
学生としては、学習者としてはそれでいいのだけれど
今私に求められているものは、ビジュアルシンキングストラテジーズのメカニズムを
わかりやすい日本語でまとめたぺらいちの紙。
これがなかった為にいろんなチャンスを失ってきた。

そのペライチさえあれば、この教育を日本で広めたいという私の悲願がかないやすくなる。


場所を借りるにしても、協力者を見つけるにしても、誰かとユニットを組むにしても
オンラインで講座を開設するにしても、絶対に必要だ。


私のvtsビジュアルシンキングストラテジーズは対話型鑑賞ではない。
米国の本部の先輩に尋ねた、
日本ではvtsはart appreciation dialogueと訳されていることが多いのですがどう思いますか?
返事は「それは私たちのvtsとは違う」だった
居合道や合気道と同じ、流派の違いだ。
色々あっていいと思う。


私の流派は鑑賞というよりもとんがっている。
具体的には、参加者の絵の解釈の根拠の強さや論理的思考の精度を要求する。
世界中で行われているこの流派のビジュアルシンキングストラテジーズは
クリティカルシンキングや問題解決能力などの思考スキルを身につけるための思考の訓練なのだ。






小難しいことを小難しいままで理解して、仲間内だけで盛り上がっているうちは普及などできない。それは楽しくてほっとする場だけれども。


私の夢はもっとたくさんの人たちにこの教育の底力を体験してもらうこと。
そして、
事実と解釈を切り分けることが習慣的にできるようになってほしい。


人生にはうまくいかない時もある。
そんな、問題や困難な出来事に直面したときにこそ役立つ力が身につくのがvtsだ。
落ち着いて状況証拠を集め、根拠を精査し、論理的思考を働かせれば後悔が少ない決断にたどり着けるだろう。



vtsにハマる前の私は、日常の些細なことですぐ慌てふためき、白か黒かだけの選択肢しか見えなかった。

そんなのだから
結局、自分の決断には深く失望し
自己評価が低いままで生きてきた。
自分の認知が歪んでいるなんて指摘されても信じられない、
まがりなりにもこれまでの人生を、ずっとこの認知と二人三脚で生きてきたのだ。
そんなふうに思い続けていた以前の私は、
客観的に自分を見るメタ認知なんてものとは全く縁のない人間だった。

1度しかない人生、それも限られた時間に生きる私たち、
そんな生き方はもったいなさすぎる。


カップラーメンを発明した安藤百福がモデルの朝ドラを思い出す、
開発にはとても苦労していたが、
完成品のデモンストレーションでお客さんは即理解できた、
「お湯をかけるだけで食べられる!」

私のvtsは目には見えないお湯もかけられない
物理的に商品がないのが辛い、
そんなことを思いながらまだこうやって英語の論文に逃げている。あかん!


The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)