vtsコーチング研修1 4回目



朝2時からの研修ですっかり体内時計が瀕死になっているアラフィフです。

講習4度目にして「vtsコーチ」として教育実習をしました。

zoomのブレイクアウトルームは6名、
・『vtsトレーナー』が1名、
・フランス人美大教授が1名、生徒役
・アメリカ人医学博士が1名、生徒役
・ポーランド人のビジネスパーソン1名、生徒役
・フランス人美術館学芸員、ファシリテーター役

私の役目はファシリテーターのコーチ、
vtsディスカッションを終えた後に効果的な問いなどで
ファシリテーターの学びを引出します。
気づかないことがあれば、
本人への問いや生徒たちへの問いで気づかせて
あくまでファシリテーター本人の学びと成長をサポートするのです。

そう、ここです!
「成長をサポートする」のです。
ああせい、こうせい、と先輩が経験値から教えるわけではなく
徹底的に支えながら成長を促す、
先生歴31年目の私がこれほどvtsという教育に入れ込んでいる
理由がここです。


これは自分の子育てでも感じたことにも関連し、
私の座右の銘でもある山本五十六氏のあの有名な言葉にも
ボトムラインはつながっていると思います。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ
ほめてやらねば、人は動かじ。
話し合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。



さて、実際体験してみるとvtsコーチングというのは
メタ認知のもう1つ上、メタメタ認知とでも言えるよう。
ファシリテーターは、生徒たちの発言をメタ言語を使い
取りまとめて投げ返していきます。コーチはその全工程を
見守り、全体の流れを把握しながら、なおかつ
ファシリテーターの行動の良いところや改善点をメモするのです。
そして、最後に全体のふりかえりの時に
メタ認知と選び抜かれた問いを駆使し
ファシリテーターひとりのパフォーマンスを全体が
糾弾したり値踏みしたりすることなく
参加した誰しもが「よかったわ、学んだね、お腹いっぱい」
と思えるように場を支えながら引っ張っていきます。


U理論にも通じるしグラフィックファシリテーション にも
通じるところがある気がします。

vtsの講習はもう何度も受講してきました。
毎回その熱量と効果に感動。
「学びたい!」と思う人たちが世界中から集まっている集団の
中に身を置いていられるというのは光栄なことです。

さて、宿題宿題そしてvts関連の論文を全て読んでまとめよう。

VTSコーチへの道−3

私事ですが、
VTS(ビジュアルシンキングストラテジーズ)のファシリテーターに認定されたあと
もう1つ上の資格、『VTS コーチ』取得に挑戦しています。
米国のvtsという団体が開催する講座で今年はオンライン開催です。

今日はその第3回目、毎度のことながら朝2時開始で全て英語です。
開始時に先生たちが世界中からの参加者にハローと挨拶、
「日本は夜中ね、おはよう? おやすみ? いや寝たらあかんし」
このニューヨーカーの先生のツッコミは関西人とバッチリです。

これまでも
他の参加者とのレベルの差を感じていた私、
今回は15ページの教科書のリーディングも繰り返し、
自分なりに数度まとめてライティングを提出しました。
これだけやったんだもの、余裕、そう思っていたところが
浅はかなんだな。


今日も教育実習、全て女性の5人でブレイクアウトルームです。

私の役はファシリテーター、歌川広重の絵を選びました。


参加者役はクラスメートの2人(医学博士でジョンズホプキンス大学の教授)
そしてポーランドはワルシャワから参加しているのは経験豊かなvtコーチ、
さらにスキルを極めたいと願い出て講習参加した強者です。

コーチ役はフランス語が母国語のカナダの美術大学の教授(もちろん博士)

この4人に加え、アメリカ人の先生が全体の流れを見て評価してくれます。

vtsのファシリテーション はだいぶん慣れているので楽しくできました。
かなり褒められて調子に乗りかけたところで判明した事実が
私の脳天に浴びせられた冷や水、いや氷水、いや氷山ドカリ、グサリ流血。


フランス人美術博士もアメリカ人医学博士も
今回が初のコーチング講習、スタートは私も同じです。

ところが、3回目にして彼女たちは全てを理解し暗記しておりました。
vtsコーチング全体の流れ、効果的な学びを学習者から引き出すための数々の「問い」を。



一方で私は「私のファシリテーター役の順番はまだ先だから、、」と
提示された宿題と準備だけをして悦に入っていたのです。
そうやな、博士になって教授という地位を獲得するためには
言われたことだけやってたらだめだ、なんてことは朝起きたら顔洗う、と同じくらいの普通なことなんでしょう。


また出遅れた、
もっと前のめりになって
爪先立ちになって
熱量ウザイくらいにならないと。
質問されたら誰よりも先に手をあげないと。

日本人社会ではかなり前のめりだと自覚している自分ですが
ここでは全然足りません。


講習はあと5回、
巻き返せるか、わたし。

VTSコーチへの道 第3回

さて、vtsコーチになるために米国vtsが開催している研修を
週に2度受けています。

月木の朝2時から4時まで。

毎回、教育実習(ファシリテーター役、コーチ役、生徒役になって
vtsディスカッション)と、宿題提出(ライティング)と
それに基づいた全員のディスカションがあります。


今回も1パラグラフ程度のライティングをgoogle classroomに
提出しなければなりません。あと8時間で提出期限。
もちろん全て英語です。
訳してみると、ライティングのお題は
「学びをサポートするプロセスとしてコーチングがユニークな点はどこか?」

「なぜ私たちはvtsファシリテーション を教えるために
 コーチングを使うのか?」
です。

毎回、vts教育の実践者としての「覚悟&決意表明」がお題です。
ファシリテーターになるための学習もそれはそれで
プレッシャーはありましたが、今回とは覚悟の度合いが違うというか。
今受けているのは、vtsファシリテーション を人に教える資格取得目的なので
メタ認知、一段上から俯瞰して分析や判断をしなくてはなりません。


日本でこの教育をどうしても広めたい、
応援してくれている協力してくれている沢山の方のためにも
何よりも、私の教育者人生の最後の大プロジェクトとして
たくさんの人たちの役に立ちたいと思う気持ちは燃えています、
体力はガタ落ちだけれど。

私がマスターしたら、日本でも広められる、
逃げずに立ち向かっていきます。

といいながら、貧乏ゆすりが数時間も止まらないのはなぜ、、、

vtsコーチへの道第1回


うわっ、、、
これはレベルが違う!

始まりました、オンラインで受講する
「vtsコーチになるための研修 その1」

米国vtsによる研修はこれまでに2回受けている、
そんなに外様感もなく、過ごすことができた。
留学中に学んでいたときの
「明日までに400ページ読む!」という
あのプレッシャーに比べたら、、
と思っていた。



第一回を受講してみた今、
初めて、ついていけるかな、と不安の渦が。

受講者の内訳は
ロサンジェルスとかテキサスの美術館の学芸員3名
美術大学の教授5名(美術博士やん、、、)アメリカとカナダから
全米トップの医大の教授(医学博士やん、、、)1名
学校の先生 ポーランドから1名
そしてわたし。

博士比率が高い!

これまでも英語の先生として博士にご教授申し上げたことは
3回くらいございます。

しかし、落ち込んだのは初回の「vtsやってみようコーナー」で
使われていた語彙のアカデミックさ。
応用言語学・英語教授法の私は博士レベルの美術の専門用語の英単語を
持ち合わせていない。それだけでなく、訳してもなんのことか
わからないものが結構ある予感。

「本部が受けていいよ、と受講OKしてくれたのだ、
 食らいついてゆくしか、なかろう」

さて1ヶ月後、
私はどう変わっているのだろうか?
vtsを学ぶものとして、
vtsコーチングを使うものとして、、、。