朝2時からの研修ですっかり体内時計が瀕死になっているアラフィフです。

講習4度目にして「vtsコーチ」として教育実習をしました。

zoomのブレイクアウトルームは6名、
・『vtsトレーナー』が1名、
・フランス人美大教授が1名、生徒役
・アメリカ人医学博士が1名、生徒役
・ポーランド人のビジネスパーソン1名、生徒役
・フランス人美術館学芸員、ファシリテーター役

私の役目はファシリテーターのコーチ、
vtsディスカッションを終えた後に効果的な問いなどで
ファシリテーターの学びを引出します。
気づかないことがあれば、
本人への問いや生徒たちへの問いで気づかせて
あくまでファシリテーター本人の学びと成長をサポートするのです。

そう、ここです!
「成長をサポートする」のです。
ああせい、こうせい、と先輩が経験値から教えるわけではなく
徹底的に支えながら成長を促す、
先生歴31年目の私がこれほどvtsという教育に入れ込んでいる
理由がここです。


これは自分の子育てでも感じたことにも関連し、
私の座右の銘でもある山本五十六氏のあの有名な言葉にも
ボトムラインはつながっていると思います。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ
ほめてやらねば、人は動かじ。
話し合い、耳を傾け承認し、任せてやらねば人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば人は実らず。



さて、実際体験してみるとvtsコーチングというのは
メタ認知のもう1つ上、メタメタ認知とでも言えるよう。
ファシリテーターは、生徒たちの発言をメタ言語を使い
取りまとめて投げ返していきます。コーチはその全工程を
見守り、全体の流れを把握しながら、なおかつ
ファシリテーターの行動の良いところや改善点をメモするのです。
そして、最後に全体のふりかえりの時に
メタ認知と選び抜かれた問いを駆使し
ファシリテーターひとりのパフォーマンスを全体が
糾弾したり値踏みしたりすることなく
参加した誰しもが「よかったわ、学んだね、お腹いっぱい」
と思えるように場を支えながら引っ張っていきます。


U理論にも通じるしグラフィックファシリテーション にも
通じるところがある気がします。

vtsの講習はもう何度も受講してきました。
毎回その熱量と効果に感動。
「学びたい!」と思う人たちが世界中から集まっている集団の
中に身を置いていられるというのは光栄なことです。

さて、宿題宿題そしてvts関連の論文を全て読んでまとめよう。

vtsコーチング研修1 4回目
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)

おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン