1ヶ月にわたるvtsコーチングワークショップが終わってはや1週間経ちます。時差ボケはまだ続いていて、変な時間に猛烈にお腹が減ります。飛行機乗らなくても時差ボケって体験できるのだ、、。ほぼ毎日朝2時に起きていたら途中から米国がサマータイムになり、自動的に開始時間が1時間早まることに。夜中の0時と1時、たった1時間の変化は思いの外効きました。


さて私はvtsファシリテーター認定を受け、主にディスカッションの「回し役」として活動していますが、これもスキルなので練習すればするほどうまくなります。当然、しないと感が鈍り、下手になります、英語と同じですね。



これまで米国vtsの講習には4回参加しています。内容も素晴らしかったけれど、もう1つのギフトは志や興味を同じくする世界中の仲間との出会いでした。4種類の時差を乗り越え、世界中から集まった4人の仲間とは毎週vtsの練習をしています。日本には便利な「調整さん」がありますが世界規模ではあんなシステムはまだないだろうと思います。仲間の1人がエクセルで1週間分の「この時間いけますよ記入表」を作ってくれました。感激です。


そんな素敵な仲間達のおかげで、私は毎週少なくとも1度はファシリテーター実習をし反省や改善をします。そして毎週木曜日の早朝vts本部が開催するこのvtsルッククラブという体験会にも出ています。


ありがたいな、勉強し放題。


ただ、
全て英語なので
日本語のファシリテーション も
そろそろ練習しないと、、と思っています。


美術に関する知識など全く必要なく
誰しもが自分の思ったことを発表して
みんなが聞いて考える、
これはまさにダイアログ、
対話型鑑賞ではなく
思考スキルの楽しい遊びです。


いつか皆さんにも
味わっていただけますように。
出会いに祈ります。


週2回
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン