毎週朝練vts

毎週1度、仲間4人でvtsのファシリテーター練習会をしている。
ミシガン州立大学の教育司書のアンと
トルコの大学教授、博士号をもつスナと
米国中西部の教育委員会のお偉いさんのアリソンとそして私。


米国vts本部でこれ迄4種類の研修を受けた
同じ時期に参加したクラスメイト達、
うち1人が言ってくれて始まった
「私、幹事やるから、練習会やる?
 せっかくの知識や技術を忘れるのいやだし
 もっと練習が必要だと思うから」


これまでに隔週で4ヶ月、
そうなると、やはり世界共通のちゃらんぽらんもいて、すっぽかしまくりの人たちもいる。


この友人達と知り合ってかれこれ1年になる、
日本には便利な「調整さん」があるけれど
全世界版は存在しない。
司書のアンはどこまでもきちんとしている。
エクセル7枚で「ここなら大丈夫」を記入する時間表を作ってくれた。

アメリカ、トルコ、日本。
アメリカ国内の2人の時差は1時間だからなんとでもなる。
問題は、トルコと日本。
どうしても、一致する時間が無い。
ああ、、、と思い悩んでメールを送る、
「朝4時スタートはしんどいけど
 4時半ならいけるよ」
トルコのスナからの返事は
「いいよ、みほ、いつもは10時には寝るけど
 この日だけ12時すぎて寝るわ。
 午後11時開始でいいよ」
ミシガンのアンは
「1年ぶりにキャンパスで仕事ができるわ!
 6時に図書館の鍵が閉まるけど
 私は退出自由だからいいよ、、その時間で」
そしてアリソンも「オンラインばっかりだから
 私は1番融通がきく。合わせるわ」


この4人で毎週1度集まって1時間vts練習をしたり世界について話し合ったり。
みんなはそれぞれ生徒がいる場所に勤務している。
私は生徒のいる場所から離れて開拓者になった。


閉塞感は世界全体に蔓延しているようだ、
それでも私の生命は減っていることだけは間違いない。
生かされているこの奇跡のうちに、
開拓するのだ。このマーベラスでおもろい教育の敷衍を。

The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)