アツイ気持ち

朝5時から世界の仲間とVTSの練習会だった。

ファシリテーターになる為の研修で出会った後幹事役をやってくれる貴重な存在のおかげで
すっぽかしたりしない精鋭が集まった勉強会は
はや半年。



今日は「あなたの噂話をしてたのよ、
褒めてたの」

それぞれの国ではどう言うの? とおしゃべりからスタート。

「アメリカではね、誰かがあなたの墓の上を歩いてる、って言う」

「トルコでは、耳鳴りがする、って言う。
 
 右耳ならいい話、イスラム教では右は神聖なものだから。 左は悪口」



こんな話をしてからファシリテーションの練習をした。

英語ってやっぱり世界を繋ぐなあ、と実感。






実はこの夏、私はもう一段ステップアップの審査を受ける。

vtsファシリテーターの上はvtsコーチだ。

コーチの仕事はファシリテーターを育てること

ファシリテーター育成ではない、それはvtsトレーナーの仕事。




そのためには、コーチとしての練習が必要な訳だが、それには英語を流暢に話す仲間が必要。

参加する学習者は多いほどよい。

何より難しいのが「流暢な英語でvtsファシリテーターとしてすでに活躍している人」を見つけることだ。


そこでこの勉強会の仲間にメールで相談したら
力強いサポートのメールが世界中から届いた。

そして今日の練習のはじめにも、
ミシガン州立大学附属図書館の特別司書であるアンが言った、

「ともだちに声かけてるから、絶対来てくれる人たちはいる」

トルコの大学教授のスナも
「この時間真夜中だけど、ジャーナリストの友人誘うわ」

そのほかにもあちこちの友人が動いてくれている。



アンが最後に言った、

“Don’t worry. We will get you certified.”

(心配せんとき、

 私たちがあなたをコーチに合格させるからね)




困ったら信頼できる友人に腹わって話す、

そしたら助けてくれる、

なんて素敵なのだろう。

筆記試験と実技試験に向けて頑張って準備しよう

仲間の熱い気持ちの後押しを受け堅い決心をしました。

The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

最新記事 by おかみほ (全て見る)