個人事業主になった


1昨日、税務署にて個人事業主登録を完了。

続いて日本フリーランス協会より入会オッケーの通知が届く。
業務に関わる保険に自動的に加入できるというシステム、
ありがたい。

誘ってくれている欧州の会社に契約する旨を伝える。


EUの税金システムを日本語で説明してくれる会計士を
見つければミッション達成だが、なかなかいないだろう、身近には。
六本木のものすごくキラキラした会計事務所にはいるだろうが
そんな料金は払えないし、こわい。

ここが難しいところで、当方はちんまりとこそこそと仕事をしてゆく業務形態。
そして米国や欧州のNPOや会社と取引があるだけ。

売り上げや支払いのどこまでに日本の法律が適用され
どこからがEUになるのか、やってみないとわからないと思う、
誰に頼むにしても。今、誰かを頼っても質問がわからない。
ということでそれは最初の締めの時、探すとしよう。
まずは「漫画でわかる個人事業主とお金」で知識の下地を作る。


ずっと相談に乗ってくれていた友人に契約することを伝えた、
彼はベルギーの貴族の出、とても喜んでくれ
「これからも不安な時はいつでも連絡してね」と言ってくれた。

そんな彼にお礼の「お楽しみ小包」を送った。
成城石井で買ったお茶に煎餅に、、。
Fragile(扱い注意)にすれば割れないだろう、とたかを括って行った郵便局、
「海外の荷物にはそれはないんですよ😢」と局員の一言。


歯が欠けるような草加煎餅は空輸に耐えられるだろうが
味噌味のおかきは完全に粉砕されるのではないだろうか?
彼は味噌味のする小麦粉のジャリジャリをどうするのだろう、
あの小さなダンボールの上に何トンもの荷物が置かれ、
あちこちの集荷場で屈強な男たちによって
ドッジボールの試合のごとく投げられる、、、。

次からは箱に入ったお菓子にしよう、そう決心した。

さあ、新しい職業人生の始まりだ、
みんなの助けを借りながら、
私もできることは助けつつ
一歩一歩登って行こう、階段を。








Two days ago, I have registered as a freelancer at a local tax office.

There, having expected to see many documents and countless blanks to fill in,
I was intimidated.

In the end, it was so smooth.
The whole process took only 10 minutes or so.


I have never imagined myself being a registered freelancer.

Next, I bought some insurance policies which was requirement
before signing the contract of a European company.


Anything could happen.


Through this process, I owe a lot to one of my friends in Europe.
To show my appreciation and friendship, I decided to sent some
fun present.

Yesterday, I brought this small package filed with Japanese rice crackers,
green tea and so on.
” Can I have that “Fragile” sticker?” I asked,
Apologetically(I doubt this is the right word..) she said
“We do not have that system for international shipping.”


It did exist long ago while I was studying in the U.S.

“O.K.” I answered, imagining all the rice crackers demolished into pieces.
No, maybe the hardest ones which could crack your teeth would remain O.K.
I hope so.


I wonder if they regard these pieces as my appreciation.

Life is filled with both regrets and new experiences!










新ワークショップスタート:a new workshop



こんにちは。
ワークショップファシリテーターの岡です。




明日からの新ワークショップの仕上げをしています。

テーマは「思考スキルを学んで、あなたの課題解決を楽しくしよう」

今回は3回で1クール
それぞれ「マインドセット」
    「メタ認知」
    「アクティブリスニング」がテーマ。




さてその講義、今回であれば「マインドセット」について説明します。

そして最後はその回ごとのお楽しみ、
明日から使える思考スキルを練習したりします。




私はvtsという団体に所属するファシリテーターです。
世界中で活動する私のファシリテーター仲間の専門分野も実に様々です。
医者、ビジネスパーソン、弁護士に美大や芸大の教授、美術館の学芸員にアーティストも多くいます。

世界のVTS 認定ファシリテーター



私の流派のVTS は思考スキルを発達させるために約40年前にニューヨークで開発されました。
ハーバード大学の認知心理学者と美術の専門家が作ったものなのでアート教育の枠を超えて、世界中で幼稚園から大学院やグローバル企業で教育メソッドとして広く使われています。



今回は経営者の方向けのワークショップ、
前回はマーケティング会社でお届けし、社長さんも受講くださいました。
これまでのコミュニティーでのカフェカレッジに加え、ビジネス層の方々にも学びを楽しんでいただいています。


明日もワクワクをお届けするべく、仕上げと準備を最終確認です。





Tomorrow, I am going to hold a workshop which is a part of “Get familiar with thinking strategies”.
Using VTS(Visual Thinking Strategies) and visualization, the learners enjoy a few types of discussions.


The topic this time is “Mindset”.
I chose this because I was stunned when I found I had a fixed mindset.
Loving to learn new things, I had never regarded myself as a person with that mindset.

Nevertheless, the more research I did, the more description fits my personality or value system.
It took me a while to face the reality before I started to change my habit.

Now, I want people like me to go through what I have without the pain I had experienced.
VTS allows us to reflect on our mindset safely, since, seemingly, we are just talking about a work of art
at least overtly.

Tomorrow’s workshop is for employers.
Last one was for marketing research analysts.
Next month, it is for mothers.

I must focus on concrete and handy takeaways for every learner.






その2年間・Those two years


「人生の楽園」という番組が好きだ。
都会で働いていた人が定年をきっかけに、
または早期退職をして田舎に住む様子が流れるテレビ番組だ。

転職後の職業は、農業やそば打ち、イタリアンレストランなどが多い。
そこで流れるナレーションにこんなものがある。
「〇〇さんは農業法人にて2年間の研修の後、独り立ちされたんですよ」
「地元のイタリアンレストランに弟子入りし2年間修行されました」
「有名蕎麦屋に弟子入りし2年間みっちりとそば打ちを勉強されました」

秒数にすると2秒くらいだろうか。

でも、この「2年間」は相当きつかったのではないかと
出演された皆様の心中をばお察しする。

というのは、私自身がやっと転職の目処がついたから。
気づくと2年半かかっていた。
まあ、私の場合は農地を借りたり飼ったり、
店を借りて厨房や冷蔵庫に内装を新しくするなんて
すごい出費はない。

とはいえ、日本と海外でたっくさんワークショップを受けた。
本もしこたま中古で買って読んだ。

この2年半の間いつも思っていた
「この入れ込みの先には何か待っているのか?
 これは単なる道楽や趣味で終わるのではないか?」

恥ずかしい話、何度泣いたかしれない。
片道分の切符しかない2年半の旅だった。


それが、昨日、スカウトされた。
いきなり、ずっと憧れていたある海外の会社からである。
一昨日までの私の精神状態と今との落差が激しくて
腰が抜けた感じが持続している。


私の嵐の2年間も数秒のナレーションで終わるのだろうか、
(出演予定などまるでないけど)
「この方は英語教師を辞めた後、2年半、日本、米国、ドイツなどで
 修行をされました」

ありがとう、私の2年半。
数秒では語り尽くせない、暗い濃い日々でした。



One of my favorite TV programs is “Paradise of your life”

It is a documentary of a retired couple, most of the time.
They quit their job, do some training and start a new professional life.

Most of them are a couple in their 60s and after 2 years of training,
they open an Italian restaurant, Soba (buckwheat noodle) restaurant
start farming.

One thing I noticed is the lightness of the way the TV program handle
the training period. There is no photos for the understandably harsh period.
Instead, the narration goes, “After two years of training at a local Italian restaurant,
they opened this nice Italian restaurant in this countryside. Then the drama
starts from the appearance of the building. Wow, how fast!


Yes, I must admit that I liked the way they put the dark period for a few
seconds in narration. I did not want to know any harsh reality.

Nevertheless, now I feel totally different.
I want to know how many times they cried. ..as I did.
I want to know how desperate they were…. as I was.
I want to hear them using Subjunctives, especially of past perfect:
I should not have started this, as I repeatedly used.


Two days ago I got an offer from a company I love,



Just now, I can feel that my two and a half years was over, finally.
I will have never lived the two and a half years by the end of my life.

ステレオタイプ、自分にも? Your stereotype of yourself



We all have stereotype.

When we hear the word, we tend to think of racial discrimination, prejudice or sexism.

However, it can be toward us.

What do you feel about the stereotyping for yourself?

I was raised by so very… way too strict parents who insisted I could do anything if I worked hard.

In other words, when I face a stumbling block, it proves I am lazy.

This air had filled up m house during the crucial period of my personality development.

Naturally, I followed the path without knowing this had harmed me for very long time.

Scary? Sounds familiar?

This book contained plausible explanation for that based of scientific research, to me.







普段は洋書は英語のまま読むほうが「しゅむ」のだけれど
(しゅむ→しみる、、、高野豆腐の煮物的な、、、お出汁が染みる感じです)
最近は日本語訳も読むこともある。
仕事の資料にするためだ。

自分で訳すとひどい日本語になる。
なにしろ、若い頃に翻訳専門学校に体験入学、
担当の先生は神戸外国語大学の先生のおじさま、
とても仲良くなったある日満面の笑みで言われた
「あなたは日本語やりなおさないとダメだね」




留学中に頭のOSを英語版に置き換えた私に、、、
むごい、、、。



最近は、自分でできないことは外注、と決めている。
アマゾンのチラ読みで、訳者の日本語が私にとって
読みやすいものかをチェック。


でも今回は、この帯に一目惚れ。
そして「チラ読み」で読めた部分(前書き)に師事した。



内容で心に残っているのはこうだ、

「ステレオタイプというと
 人種や性別や、自分のそとの人たちに対するものを
 思い浮かべるけれど、それだけではない。

 自分に対するステレオタイプが
 私たちの成長を妨げている。
 そして往々にしてそれは頑張って意識しないと
 認識できないものである。

 育てられた環境の価値観や社会の仕組みや
(ああ、出たな、システム思考、あと2冊読まないと、、)
 なんかで生まれた時から身についているんだもんね」



これを自分のFacebookで紹介したら
10年ほどなんのいいね、もなかった憲法学者の知り合いから
「ポチりました」というコメントがついた。


この本のインサイトの効果範囲は
子育て
生徒育て
部下育て
社会一般
そして
自分育て


気持ちの持ちようでなんとでもなる!
がむしゃらにやれば道は開く!
頑張りが足りない!

いや違うかもしれませんよ。
違うと思いますよ。

がんばれないには理由があるんです。
そのシステムの悪いループを
数々の実験とデータ検証で
科学的に説明してくれる、
頼りがいのある本です。

知識の棚卸し・Checking the inventory of my knowledge


I have offered workshops for more than 50 times in addition to
30 years of experience as a teacher. I have found they are totally different.

Now, almost all of my workshops include VTS discussions; however
none of my workshop is same. I need to design it every time.



At last week’s workshop, the audience was all marketing research analysts.
VTS is about learn to see, see to learn.
Naturally, they were very good at it, sharing their observation with logical reasoning.

For this weekend, I have been designing one for another client who joined my workshop
with their employees two months ago. This time she wants to take it alone, which is
my first experience. To design this which is more like graphic interview,
I needed to design a whole new workshop.


When taking a new approach, I go back to basics.
Namely I look up the word: workshop in my Merriam-Webster then start
looking for a few good books to get insights.
It is almost like checking the inventory of knowledge in my brain.


The workshop survival guide







「ワークショップ」というものを開き始めて2年半になる。
「先生」として授業はあちこち、大学や企業や予備校でやってきたけれどもその2つは全く違う。

初回は英語を楽しく学ぶワークショップだった。

英語の先生を辞める宣言をしてからはVTSのワークショップ一直線。

米国では幼稚園から大学院まで広く使われているVTSは教育学と認知されている、だからカリキュラムも進め方も確率されている。この1年間、毎週1回以上このファシリテーション を練習してきた私自身も、大学など学校で授業としてやる分には、自分なりの型が完成している。繰り返して授業しているものを改善し続けていけば、だいたい理想の形につながる。



しかしワークショップの場合、話は別だ。
私の場合、ワークショップは2度と同じものはない。お客さんに合わせて変えていかないといけない。


特に、このところ引き合いをいただく「企業内勉強会」や地元のイベントスペースでの「一般の皆様むけの会」ではそれが必要だ。



例えば先日は株式会社市場調査社の皆様にVTS勉強会をお届けした。
全員がキレッキレのマーケティング・リサーチ・アナリスト。この皆さんにお届けするものと、地元で「思春期の子そだてに悩んで
ふらふらになっている親の勉強会」(Me,too)ではゴールもアプローチも違わないといけない。


次回のワークショップは、経営者の方。 以前、従業員さん達と一緒に受講していただき、
「今度はひとりで受けたい」というご要望を受けた。


ひとり用のワークショップ、初めての試みだ。
悩むなあ、、、、
悩んだら本を探す、それも英語の本を探す。



今回も見つけた、The Workshop Survival Guide
この機会に自分の知識の棚卸し。
古いものは捨てて、新しいものを。
知っているわ、とたかを括っている知識ほど
もう1度調べる。するとそこから新しいアプローチが生まれることが多い。

考えろ、わたし、
ひとりでも多くの人に
思考スキル、thinking strategiesを届けたい。