We all have stereotype.

When we hear the word, we tend to think of racial discrimination, prejudice or sexism.

However, it can be toward us.

What do you feel about the stereotyping for yourself?

I was raised by so very… way too strict parents who insisted I could do anything if I worked hard.

In other words, when I face a stumbling block, it proves I am lazy.

This air had filled up m house during the crucial period of my personality development.

Naturally, I followed the path without knowing this had harmed me for very long time.

Scary? Sounds familiar?

This book contained plausible explanation for that based of scientific research, to me.







普段は洋書は英語のまま読むほうが「しゅむ」のだけれど
(しゅむ→しみる、、、高野豆腐の煮物的な、、、お出汁が染みる感じです)
最近は日本語訳も読むこともある。
仕事の資料にするためだ。

自分で訳すとひどい日本語になる。
なにしろ、若い頃に翻訳専門学校に体験入学、
担当の先生は神戸外国語大学の先生のおじさま、
とても仲良くなったある日満面の笑みで言われた
「あなたは日本語やりなおさないとダメだね」




留学中に頭のOSを英語版に置き換えた私に、、、
むごい、、、。



最近は、自分でできないことは外注、と決めている。
アマゾンのチラ読みで、訳者の日本語が私にとって
読みやすいものかをチェック。


でも今回は、この帯に一目惚れ。
そして「チラ読み」で読めた部分(前書き)に師事した。



内容で心に残っているのはこうだ、

「ステレオタイプというと
 人種や性別や、自分のそとの人たちに対するものを
 思い浮かべるけれど、それだけではない。

 自分に対するステレオタイプが
 私たちの成長を妨げている。
 そして往々にしてそれは頑張って意識しないと
 認識できないものである。

 育てられた環境の価値観や社会の仕組みや
(ああ、出たな、システム思考、あと2冊読まないと、、)
 なんかで生まれた時から身についているんだもんね」



これを自分のFacebookで紹介したら
10年ほどなんのいいね、もなかった憲法学者の知り合いから
「ポチりました」というコメントがついた。


この本のインサイトの効果範囲は
子育て
生徒育て
部下育て
社会一般
そして
自分育て


気持ちの持ちようでなんとでもなる!
がむしゃらにやれば道は開く!
頑張りが足りない!

いや違うかもしれませんよ。
違うと思いますよ。

がんばれないには理由があるんです。
そのシステムの悪いループを
数々の実験とデータ検証で
科学的に説明してくれる、
頼りがいのある本です。

ステレオタイプ、自分にも? Your stereotype of yourself
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン