“This is soooooooomuch fun!”
ZOOMでダイレクトメールが届いた、
送り主は米国のNPO:vtsのオペレーションマネージャー。

毎夏恒例の大会には世界中からvts実践者が集う。
オーストラリア、ポーランド、イギリス、アイルランド、オランダ、チリ、
ニュージーランド、米国に日本など。

昨年は参加者だった私が今年は発表者、
1日目の最後に2時間のワークショップを担当した。

内容は、VTSの過程を可視化したもの、日本でいうところのグラレコを
みんなに教えること。日本で1人しかいないこの流派のVTSファシリテーターの私
自分のやっている内容を人に説明するために、書き始めた。

それをインスタに発表していたところ、「やってくれる?」と連絡がきた。

構想準備期間は2ヶ月、プログラムを作ってリハーサルしては削る
基本に立ち返って、この教育者のフィリップ・ヤノウィン氏の著作を読んだり
ワークショップデザインの本をまとめたり、、、。

おかげさまで、私にこの教育を教えてくれた先生たちの全面協力があり
書字カメラを使ってのハンズオン体験は大成功に終わりました。

集団で同じものを描いて見せ合う、という行為は
なぜか集中とリラックスの繰り返し、
私は舞い上がっていたので青息吐息で終了しました。

朝の10時に終了、思えば朝4時には臨戦態勢に入っていたので
気分がハイになっておさまりがつきませんでした。


夫の買ってくれていたスムージーを飲んでネットをだらだら見ていると
オペレーションマネージャーから
添付つきメールが届いた。
「セーブしてないでしょう、ZOONのチャット、
 これを見たら、みんながどれだけ感謝していたかわかるよ」


明日でこの夏の世界大会も終わり。
最終日にも登壇します。

さあ, 最後まで慎重に準備を続けます。


Finally, I have finished a presentation at vts Online Summer Series.
What I taught was how to make vts visual note which is visualization of vts discussion.


My time was for 2 hours in which every participant followed my instruction and
practiced items and in the end we arranged them neatly on a clear copy.


It took me two months to prepare.
Looking back, “back to basics” helped me greatly in the end.
When I was not sure where I was heading was right or
in other words, welcomed by the participants.


Ultimately, I had looked for a small, curated, sharp and useful takeaway.

Without support from the Operation Manager, vts trainers/coaches/facilitators
and friends, I could not made it.

I am so lucky to be in the vts community.


プレゼン終了 vts Online Summer Series
The following two tabs change content below.
おかみほ
岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン
おかみほ

おかみほ

岡みほ ・米国VTS認定ファシリテーター/ スケッチノーター 「ビジュアリンガル」 代表 ・International Visual Literacy Association 会員 ・International Forum of Visual Practitioners 会員 ・ペットはカブトガニのジョン