ぼったくりメカニズム

この本はすばらしい。
理由は、これを読めばなぜ私たちはぼったくられるのかがスッキリ理解できるからだ。

書き出しからノックアウトされたこの本、
こう始まる
「私はこれまでの人生でぼったくられ続けてきた」


私達がぼったくられるのはお金だけではない。
時間も、そして「気持ち」も。
個人的にはこの「気持ちぼったくり」されやすい性質というものは特定の生育歴によるものだと思っていた。論理的でも理性的でもない厳格な躾で訓練されると。
この著者は心理学者、そして公言する「人生でどんな軽めのぼったくり技にもかかってきた」と。しかし、幼少期に軍隊のような家庭で育てられたなどという記述はまるでない。


1番驚いたのは、私たちがぼったくられる理由は、我々人類の進化の過程で種の繁栄を守るために「ぼったくられ癖」が埋め込まれているから、というもの。

さらに、興味をひくのは様々な生物の例、ぼったくられて命を落とすある種のホタルの例や、うまいこと騙されてしまう七面鳥のお母さんの例など、悲しいくらい身にしみる動物達の実験結果が著者の主張に厚みをもたせる。きっとカッコウのお母さんもそうなのではないか、今これを書きながら思ってさらに哀しい。


作者のいう「ぼったくり」の中にこんなものがあった。
ボーイスカウトの少年に近所で出会う話だ、寒い冬でも短パンでピチピチしている11歳がキラキラ目で挨拶してくる「おじさん、今度の土曜日の夜、僕らは年に一度のボーイスカウトサーカスをするんです。チケットを買ってもらえませんか?」
ボーイスカウトが大の苦手な著者がためらっていると、少年はこういいます、
「じゃあ、みんなで手作りで作ったこのチョコレートバーを買ってくれませんか?1つ1ドルです。」

この、チョコレートが大嫌いでムダ使いもしたくない心理学博士はどうしたと思いますか?



本にはこう書いてありました、
「気がつくと僕の手には世間の相場で考えると値段設定高すぎのチョコレートバーが握られている。
『なんで?なにが起きたん今? なんで僕食べられもしないチョコレート買ったん?それも2本も』」

そこに続く著者の考察の展開はさすが認知心理学のプロ、とてもわかりやすい。
ベストセラーになるはずですわ。

日本語版はこちら
ただし、私はこちらは読んでおりません
感想はあくまで英語版のものです。

百戦錬磨の医師も認めた交渉術

この本は素晴らしい。
なぜなら、誰が読んでも自分ごととして学べる知識が順序よく展開されるからです。

先日、風邪をひいたので行きつけのクリニックに出向いた。
そこの先生は精神科の医師としても働いていたことがあり、言葉で患者をいやしながら導いてくれる。
私なぞ先生の「のらりくらり言葉」で見事に6キロ減量成功。
それを先生に褒めてほしくて伝えると返ってきたのは看護師さんの「うちそういう人多いのよ」のひとこと。


さて、そんな先生は私と話すのを楽しみにしていると言ってくれる。
そこで体調悪いながらも毎回ねたを持ってゆく。今回はこの本。
「ちょっと見せて」とペラペラ眺めていた先生、おもむろに白衣の胸ポケットからメモを取り出し書きながらひとこと「この本、すごくいいねえ、買うわ。読む」


現在、私自身が急な仕事環境の変化に戸惑っている。
夫に「あんたの仕事は、対生徒からto Bに変わったんだよ」と言われた。
なるほど大変化だ、なんとかしないと。
経験がないからせっかく「打ち合わせ」というものに招待されたのに、なにを話していいのかわからない。
もうそうなると相手に嫌われたくない、なんとか楽しませないと、と自分のしくじり先生トーク全開で笑いをとるしか場がもたない。
後に残るのは「いったいこの機会はなんだったのか??」という疑問と大いなる後悔、ざんげ。

ともすれば著者の経験談を語ることが多いように私は感じるビジネス本。
読んでいるうちに、あなたの働く超有名多国籍企業と私のような一兵卒とでは、立場も待遇も違うわ無理無理、そう落ち込んでしまう。

この本の主人公は「交渉下手な内気な流されやすい会社員の窮地を、交渉超うまい星からきた宇宙人が助け船を出す、いわばのび太と説明上手なドラえもんとの二人。
このドラえもんポイ宇宙人は便利な道具を出すだけでなく、その後の主人公が助けなしで交渉できるように腹落ちさせてくれる。

社会人になる前の大学生も、交渉というものに興味がある高校生も読めるのではないでしょうか。
何しろ、海千山千のスーパードクターまで購入したくらいですから。

これを読んで「話し合いがうまくまとまらないとき」が億劫ではなくなりそうです。
「その背後になにがあるのか」「いつがやめどきか」気持ちよく理路整然と書かれています。

ビジネスの日本語は外国語

30年、、、私が「給料」をもらう立場になってからの年数。おそろしくながい時間がたった。

絶対に、これからのキャリアの方がこれまでよりも短い。これからの仕事はこれまでの蓄積でなんとかなるはずだ、そう、思い込もうとしていた。
もしかしたらそうはいかないかもしれない、いま一度、新しい知識体系を身につけないといけない、ここ2−3年はそう感じていたにも関わらず。

Alas, キタ!
コロナが流行り、日本もほぼロックダウンにはいる。様々な企業が収益確保と存続のためにオンラインを多用しはじめる。
そのおかげで私も現在、自宅にいながら本来はベルリンやサンディエゴに滞在しないと学べなかったことを楽々学んでいる。
教育業界で教える立場として30年働いてきて、この喜びは裏返せば自分の仕事が「オワコン」であることの証明だった。

もう逃げられない。

ということで、今年にはいって私は人生初
日本語で話してギャラをもらった。夢のようだ
生きているうちには絶対無理だと思っていた「英語の先生以外の方法で社会的に評価される」という奇跡がふりかかったのだから。

しかし、好事魔多し。
ビジュアル・シンキング・ストラテジーを広めるには無名の英語教師の私ごときが声高に叫んだところで商品化などできなかった。そこで
私の「to B ライフ」が始まったわけだが、悔し涙に濡れる日々を過ごしている。
日本及び外資の教育業界で働く30年は身に余るほどの感謝と教える技術や現場力を私に与えてくれた。
それが、どれほど隔離された小さな世界だったのかが初めてわかった、いややっと認める気になった。今は日々鞭打たれている状態だ。


「やっぱ、これしかないじゃん」

米国で3年弱の留学の最初の頃、友達がいなかった。大学の試験には合格していたし、
日常生活にそんなに苦労はしなかったけれど、自分の持っているコンテンツを相手の欲しいようにアウトプットする技術がなかった。

その技術とは武道家であり思想家である内田樹(たずる)先生が著書に記された「ストックフレーズを覚える」ということ。

例えば、30年以上前の学生時代の私はrelateという単語もI もcanも知っていた。
しかしながら「わかるわかるう、おなじおなじ」という意味のI can relate. なんて文章は組み立てられなかった。
単語から立ち上げてゆくのは無理、となると丸呑みして覚えるしかない。
重たい教科書何冊も抱えながら日々アンテナをはり、生活の中から、こんなフレーズを嗅ぎ取ってメモ、
自宅に帰り辞書で意味を確認し、掲載されていないものをためておいては日本語授業の生徒に質問しまくった。
(アメリカの大学で日本語を教えていたこともあります)
それをメモ帳に書いて、ひたすら覚えた。いつも持ち歩いては授業の待ち時間や自室でお湯が沸く間などとになく繰り返し見て口に出した。



このやり方は、多くの受験生に伝授してきたもので、合う人には効果的。
これまでの合格者は、東京大学大学院、東京外大、マサチューセッツ工科大、ロンドン大学大学院、上智大、東京女子医大、などを卒業し華々しく活躍している。

先祖返りというのだろうか。
はい、始めました。
時々生徒ちゃんに「こう作るんだよ」とデモ版は自作していたけれど、本格使用は何十年ぶりだろう。
今年何度かあった「いったいあの打ち合わせは何のためだったのだろう?そもそもあれは打ち合わせだったのか? いや打ち合わせって何だ?」
のときに、この一言さえ知っていたら!
『なにかひっかかりますか?』

このネタ元の本はこれ

先日授業をさせていただいた同志社大学商学部の1年生がこのブログを読んでくれていると思う。お気に入りのビジネス書を買って、心に残ったストックフレーズをメモしちょくちょく見て自分の語彙格納庫にしまってほしい。

ビジネス界って、思ったよりずっと独特な言い回しが多い。結局は人間なんて言語でしか意思を伝え合えないのだ、不便な道具ではあるけど魅力的な道具。宮大工の神様みたいな人の道具箱を竹中工務店の博物館で見たことがある。かんなだけでもどえらい種類と数量だった。

「こんな日本語あったのか!」と驚くことしきり。そして頻繁に起きる現象は「これ、英語でなら言い方知っとるわ」というフレーズ発見。

日本語のOSを英語に入れ替えて、今回は入れ替えずにプラグインだな。逃げるな、わたし。