こどもは恐ろしい

今朝は2つの勉強会に出た。
夜中1時からの〈ビジュアルジャム〉はイギリスから。
ヨーロッパのグラフィックレコーダー仲間が
たくさん画面に現れる、プライベートチャットで
いつものようにおしゃべり。

もう1つは私が所属するvtsで
ファシリテーション の勉強だ。

事件は前出の「ビジュアルジャム」で起きた。
今回は「キッズ・スペシャル」
初の試みで、グラレコやってない人もオッケー
親子でお絵かきを一緒に楽しもう!という画期的なもの。





私ごとながら、先日、オンラインで
幼稚園に行っている子供達向けの講座の依頼を受けた。
有名どころだし、ギャラもいいし、
当初はノリノリでいたのだが、、、
結局、泣く泣くお断りをした。
子供はこわい、
彼らは「忖度」なんかしてくれない。
生きる「自然」だ。
ちょっと気分が悪いと道の真ん中で大の字になって
大声で自らの要求を叫び続ける。
オンラインで集中力できるのは数十秒だろう。


案の定、今日のイベントでも悲劇は起きた、
妖精に扮したグラレコのお姉さんが
ホワイトボードに絵を描いてゆく、
「ここに目をかいてね、スマイルよ」
いきなりツッコミ
「なんで笑うねん、面白くないのに」
(本編は全て英語なんですけど、関西弁で)
お姉さんとその子供とのやりとりは延々続く。
そうも、親はめんどくさいからほってある様子、
お姉さんが悲鳴を上げる
「この子のお母さん、誰?どこ?
 予定がだいぶん遅れてるの、ミュートにして!」
そんなこと、子供は気にも留めないで
空気が凍りつくことを繰り返す、
「そんな脚、走ってるように見えない」
「目が1つの生き物なんておらへんわ!」
妖精お姉さんの顔は強張る。
スタッフも顔見知りのグラレコ仲間も必死に
ズームのグリッドで「犯人(ホシ)」を探す。
だが敵は子供、そしてほったらかしの親、
カメラオフ という最強の武器を使ってる。

スタッフは皆、海屋やバットマンに扮し
素晴らしいオリジナルのアニメーションを作り
優しく楽しい時間を提供してきた。

「このこのパパ、ママ、ちょっと聞いて、、」
そう妖精が言いかけた時、ブチっと音が消えた。

ホストが伝家の宝刀を抜いたのだ、
「参加者全員をミュートにする」

妖精は問いかけができなくなった。
でも
心なしかさっきよりずっと楽しそう、
誰にも語りかけることなく完全にカメラに背を向けオリジナルキャラクターを書き始めた。

ああこわい。
200人の自由で楽しい優しいコミュニティーが
たったひとりの「ほったらかし子供」によって崩壊した。

ホストのみんな、
お疲れ様でした。
ああ、だから、子供はこわいのだ。




MoMAでアートの勉強

あいかわらず、ZOOMで海外に出かけまくっています。今日はMoMA:ニューヨーク近代美術館が年に3度ほど開催するArt21という教育プログラム。

さすがブランド! 200人以上が参加したウエビナーでした。まずはお約束、みんながどこから参加しているのかをチャットでHello.

今日は東京からもおひとり参加、日本勢は2人でした。上のイメージは私のスケッチノートです。3人のアーティストがそえぞれのナラティゔをどう制作に生かしているのか、という話。

左のおじさまは哲学畑の方、右上のお姉さまは東インド会社や植民地の話をされてました。右下の方は、コロンビアで治安がとても悪い頃の話、連れ去られておそらくは殺されてしまった人たちの靴からの話。

時折、学芸員たちが投げかける質問に
世界中の参加者がチャットで答える形式でして
それぞれの捉え方の違いにほくほく。どの意見もいいねえ、と思いました。うまいなあ、この言い方、的確だなあ、と思うものやwonderfulと一言で終わるもの。私は後者なので、願わくば、私もダイヤモンドみたいにキラッキラの語彙や強くて硬い表現力がほしい!と痛感しました。

大好きなジェームスボールドウィンやマヤアンジェロウの話も出てきてああ嬉しい。


アメリカの大学で文学の授業を選択したときに
初めて出会ったナラティヴというジャンル、
私は大好きです。「ひとに歴史あり」という感じがするんです。

今日の話は個人レベルからさらに大きなスケールの話でした。発信力のあるアーティストだからそういった昇華ができるのだろうと、改めてアートのもつパワーにどっぷりつかった幸せな90分はあっという間でした。


私のVTSは美術的な知識はほとんど教えないスタイルで、やっぱり学校の先生たち向けに作られているのだなと認識。それならやっぱりファシリテーション 技術を磨くしかありません、やぱそうだな。

おはようスコットランド


ただいま終了。

現在、朝の4時43分、
ヨーロッパの仲間から「おやすみ〜、みほ」
私からは「もう寝られへんで〜、
     もうすぐ朝5時やし〜
     おはよう やで〜」


ZOOMでの世界出没をはじめて以来
地球が丸いのだ、と実感する。
ギャラリービューに変えて友達を探す。



PC画面のたくさんのグリッド、
窓の外の景色、真っ暗だったり夜明けだったり
暖炉があったりタンクトップだったり
猫がキーボードに居座ったり、犬が飛びついてきたり。
子供を膝にのせている人もいる。
もぐもぐ食べたりコーヒー飲んだり。

なんとも胸がいっぱいになり、
いつもより優しい気持ちになる。




今日は160人近くが集まった。
主にヨーロッパ、世界中からの
ビジュアルプラクティショナーたち。
(グラレコやグラファシをやっている人たちは
 英語ではこう呼ばれます)
SCOTVIZ主催の勉強会。


今日のスピーカーは
ビジュアルプラクティスの総本山、
ドイツのBilabloという会社の創設者、
業界では誰もが知っていて、
そしてみんなが大好きなマーティン。



マーティンの語り口はあくまでソフト、
「特定のグラレコを画面共有するのはやめるね
 その人その人の経験で頑張って描いたものだもの、
 僕がどれかを選んだようになるのはいやだから」


さらに、実際に描いてみるコーナーでは
お手本が2種類用意されていた、


「経験のある人、プロはこっちを描いてね
 ビギナーはこっちを描くか模写して
 くれたらいいよ。人によってそれまでに
 費やしてきた時間も、バックグラウンドも
 違う、比べないで、自分のできることを 
 やればいいよ」

みんなが彼を好きな理由がわかる。
「教育者としてできてはるわ」と感銘。



質の良い教育をあたたかい仲間と受けると
生きててよかった
そう思う。

今日もみんなにありがとう。

私も良い教育を届けたい。
精読精査実践反省、、日々の地味なサイクルをガンバっぺ。

おはようヨーロッパ

今日は朝2時30分に起きた。
午前3:00からzoomで150人の勉強会。
主催者はロンドン、ヨーロッパの人たちが多いけれど世界あちこちから人々が集う。

私たちは「ビジュアルプラクティショナー」
グラレコ、グラフィックレコーディングやグラファシ、グラフィックファシリテーション や私のようにスケッチノートとかビジュアルノートをやっている人もいる。

これまでにドイツの会社のトレーニングに数度出ているので、顔見知りも多い。始まるとプライベートメッセージが届く、”Hi, Miho.” 私も返す”Good to See, you.”

私の住む地域は、緊急事態宣言下。もう数ヶ月電車に乗っていない。自転車と徒歩でステイ近所を厳守している毎日だ。我慢しているのはカフェに行く事と、動き始めたばかりのプロジェクト。

地球上のみんなが閉塞感を感じているんだ、
それでもこうやって、超一流のプレゼンターの話を生で聴けるのは人生のご馳走。

今日の先生はニューヨークから。NYUなんかで組織や人材育成を教える有名人。さすがに話と構成がうまい、2時間まるでだれない、飽きさせない。でも、絵を描きながら喋っているわけではない。



いちばん心に残った言葉は
「マーティンルーサキングJr.はパワポを使っていなかったけど、あのスピーチはとてもビジュアル的だよね。彼の言葉の強弱、身振り手振り、ビデオをみたら僕の言葉の意味に納得するはずだよ」 たしかに。

中盤で「なんだろこの単語、しらん」、、、と悩んだ私。2.3度脳で反芻している時に耳に入ったのは『JAPAN』、いまジャパン言いました先生?あっ
わかった! I ki ga i ”いきがい” だ!
TEDでも有名なこの先生が西洋の方々に
日本の『いきがい』というコンセプトについて「いいだろう、この考え」と説明しながらニコニコしている。ええ話や。


共感したのはこの話、
「あの時は僕は無職だったんだ。そんなとき、ある会社からのオファーがあって飛びついたんだ。給料もとてもよかったし、IT企業のCEOって肩書きも人生初だったからね。畑違いだったから、ついてゆくために役に立つために学んだ、必死にね。でも、何もうまく行かなかった。だから90日目に声をかけてくれた人に言ったんだ、『これからも君とは友達として付き合いはしていきたい。でも、僕はもう辞める」って。


質疑応答でも力いっぱい答えてくれた先生、
ええもん 見せて もらいました。

私もくさらず愚直に学習を続けよう。
さっき届いたニューヨークタイムズ電子版には
コロナに苦しむアフガンの難民キャンプの様子が載っていた。視野を地球規模に保とう、この時代を生きるために。ちっさい自室で自分に言い聞かせた。


My visual note on today’s Visual Jam which was engaging, cultivating and refreshing. Thank you for this opportunity.

#visualjam
#visualingual
#sketchnote
#visualization
#グラレコ
#グラフィックレコーディング
#ビジュアリンガル

3文字で

レタリングの練習も3ヶ月目にはいった。

諦めずに続けられている理由はメンターの存在

私の子ども2人とも絵と文章をかきつづけている。最初はバランスの悪かった、長女のコピックを使ったイラストは、ワコムのタブレットに描かれた見事なものになっている。また、線がヒョロヒョロしていた長男の水墨画の竹は、葉脈の直線加減が詳細に表現されている。

毎日地道に続け、時には嫌になったからしばらく休む、と自分なりの修行の道を歩んでいるふたりこそ私のメンターである。

レタリング練習が調子にのってきた理由が2つ。自分の字面、というか、私が文字を書くときの手の動きに似ている書き方をする先生を見つけたから、そして、自分に合った筆ペンを見つけたから。

これは大発見だ、
迷いなく「ついていきます」と言える師匠と
「この道具だけでやってゆくぞ」と言える道具
この2つさえ見つけさえすれば、最初にして最大の壁を超えたのではないか、あとはもう年単位で時間をかけて修行のたびに出るだけだろう、と仮説を立てる。

誇らしさで、てかてかした顔の私は娘の部屋にいく。さっそくこの大発見を、芸大1年生だが登校は10回以下のメンターに伝える。答えは3文字、

「そやで」


ーー会話終了ーー



なぜだろう、、、
確かに、完全に肯定されたはずなのに、ボロ負け感いっぱいなのは。



ロゴ作成終了!

やっと完成しました、我がプロジェクトのロゴ。
ipadとプロクリエイト で作成しました。

最初のを作ったのがおととしの冬。
ずいぶんとかかりました。
けれども、自分の提供できるものをひと目で表すにはこのくらいかかるのでしょう。

英語の先生だったこれまでの私の業務は、準備が整っているところへ出かけていって授業をするだけ。この31年間、私が邁進したのは授業のクオリティーの向上、どうしたら勉強がちょっとでもおもしろくなるか、でした。

ずっと会社員でしたから、広告宣伝も会社がやってくれる、場所を借りる契約も、内装の発注もその業者選定も会社の誰かの仕事。お客さんに授業内容や金額を説明するのはセールススタッフの仕事。私は「センセイ〜」と呼ばれたら出て行って体験授業をすればよかったのです。部屋やホワイトボードもいつもピカピカにしてもらっている毎日でした。

ところが今はまったく違います。敬愛するみうらじゅん氏のこの著書と同じ状態、

声高に吠えてみたところで、、「日本人で初めてビジュアル・シンキング・ストラテジーズのファシリテーターに認定されたんですよ、私!」「日本には私しかいないんですよ!」

多くの方々の反応は冷ややかでしょう、「それなに?」ごくたまに「ああ、あれね、取り入れてみたけど全然ダメ」のように、既存の類似プロジェクトとひとからげにされます。当然です、世間の皆様は忙しいのです。 

さて、あと足りないものはなんでしょうか。そうです、名刺と企画書。まずはこのロゴを入れた名刺デザインから取り掛かりましょう。今日もMacと一心同体。久々なのでイラストレーターの使い方を覚えているか不安です。

グラフィックレコーディングとは感知力だ

情報の可視化visualizationの世界最高峰の1つ
ドイツのビカブロ・アカデミーにて4日間連続のグラフィックレコーディング講習をうけている。これが私の卒業制作。


壁一面の大きさで横は2メートルくらいある。模造紙は薄いので、ロールの上質紙をカットして使っている。


当然ZOOMでの講座なので、このレコーディングの元になっている模擬会議もZOOMで行われていた。内容は、基調講演→パネルディスカッション→グループワークの後のそれぞれの代表者のまとめ発表 だった。


「ここで次のブロックに移っていいのか?もしかして会議の構成を間違えて分割表示しているのだろうか?」とおびえたのはパネルディスカッションへの移行。


リアルであれば、椅子を運んだり、数名の登場人物が現れて紹介されたりするのだろうが、昨日のもののモデルは、昨今普通になったZOOMを使って社員150名が一度に介するというもの。基調講演からパネルディスカッションへの流れに「貴重なお話をありがとうございました、ではパネルディスカッションにうつります」などの案内がなかった。(ふと思う、こう言った司会者業の方もコロナで仕事が激減しているのではないだろうか、、)プロの司会の代わりに、それにたけた社員が進行をする場合、リアルほど格式ばっていないのも当然だろう。


会議の参加者(Macのグリッドのなか)に背を向けながら、同時進行で描く。注意深く耳を済ませながら、キーコンセプトを書いてゆく。


やっとわかったぞ。
グラフィックレコーディングがうまくなりたかったら、やることは2つ、
1)美術の腕を上げる
    デッサン、色彩、レタリングなど
2)情報を処理する能力をみがく

すくなくとも①がある程度までいかないと
自分が作り上げたいと思うものには届かないのだと、薄々思っていたことが正解だった。


なら簡単だ、これまでと同じことを続けるだけだ。毎日のドローイングとレタリングの練習、そして色彩の本を読んでまとめることとアイコンを集めて脳に蓄積するまで繰り返し描く、
小学生の「漢ド」「計ド」のように。



4日間のグラフィックレコーディングのブートキャンプ 1日目

コロナが流行して以来、
主催イベントも開けず、講師として呼ばれても
キャンセルになったり、キャンセルしたり、
リアル対面は無理ですから、Zoom対応で、いえいえそれは効果半減ですよ、じゃあ先延ばしにしましょう先生、などと言われる日々。
現在話し合っているのは来年春のプログラムだったりする。


そんな中、Zoomだからこそ、世界に出て行って学べる、という面白さと喜びを享受もしている。

昨日から4日間、ドイツの老舗ビカブロという会社のトレーニング。コーチはドイツの3名、参加者は16名、アジアはわたしただひとり。クラスメートはベルギー(貴族)、フランス、ドイツ、イタリア、カナダ、スイス、など主にヨーロッパから。


始まってすぐ、チェックインのあとはブレイクアウトルーム。「ヘッドラインについてお互いのもつ知識を教え合おう」こんな時「いや、私素人なんで知りませんよ、恐れ多いです」と逃げるわけにはいかない、相手に失礼だ。みんなが持っている、今まで蓄えた知識を教え合う、そして集団になったとき、またそれを教え合う、『コレクティブラーニング』だ。先生が一方的に講義をする授業スタイルより多くのことが学べるとされている。私もそう思う。


「日本は結構ひどそうだね?」とベルギーの貴族が心配してくれる。「こっちも数日前からまたロックダウンさ」とドイツのトレーナーが言う。時差こそあれ、みんなが同じ大変さを共有しているのが不思議な気がする。


一度始まると5時間の長丁場。しかし休憩のタイミングとよく寝られたインタラクティブな内容で全くだれないで突っ走れる。1日目はA4の紙を47枚使った。明日からは壁に貼った模造紙になる。夜中の2時まで作業、発表、振り返りの繰り返し。それにしてもよくできたプログラム、経験豊かで心配りも素晴らしいトレーナー陣、そしてやる気溢れる仲間たち、こん何楽しくて緊張して充実している時間はリアルでもそうはない。さあ、いろんなことに感謝して今日も壁に模造紙を貼り、マジックの色を揃え、パステルを用意しよう。水を飲むように、空気を吸うようになんでも吸収したい、そう切望する。

世界中から冬のお祝い

ドイツにあるビカブロという会社は、グラフィックファシリテーション やレコーディングで世界1の充実度。そこのトレーニングをうけた人は同窓会に入れます。9月にビジュアル・ストーリー・テリングという講座をうけた私もその1人。



今日はその同窓会のイベント、Global Bikablo Sessionが昨日の午後11時から2時間開催されました。

まずは60名のみんなでピクトグラムを練習するウオームアップ。その後は各国のクリスマスや新年のお祝いをアイコンにデザインして描く。最後にはそれを使って「私の国の冬のお祝い」をスピーチ発表する。その後、各自作品の写真を撮ってアプリにアップロードしてみんなで見る。(写真はその一部)


英語とスペイン語と中国語とドイツ語が飛び交う。私の最初のブレイクアウトルームは英語が話せないという中国女性。「いいよいいよ」とお互いにiPad に漢字を書いてコミュニケーション。問題ありません、漢字の国同士。


びっくりしたのは、中国では割といろんなアプリが禁止されていること。「アップロードできないわ、禁止されているみたい」とチャットが入ってきたり。


2つ目のブレイクアウトルームでは、スペインの女性とペア。彼女も英語が苦手だという。「英語でなんというのかわからないわ」とスペイン語を話すので、時々助けてあげたら「そうそう!それそれ!」と。マドリードにも除夜の鐘みたいなのがあって、特別な塔の鐘が12回なるそうな、1つごとに葡萄を1つぶ食べるそう。 途中で間違えてappleと言ってしまい、2人で「大晦日にりんご12個はきついわ、それも鐘が1回なる間に1個食べきらんとあかんなんて命に関わるな」と大笑い。


私のネタでみんなにうけたのは、除夜の鐘の話。人間には108の煩悩がある、と「ご〜〜〜ん」と、トータルで108回鐘をつくのよ!と発表。ちなみに煩悩はevil passionsと表現しました。


参加国:ドイツ、中国、スロバニア、アルゼンチン、イタリア、フランス、イギリス、カナダ、アメリカ、スペイン、オランダ、スイス、ルーマニアなどなど。

今日も自室から世界に出かけて
楽しかったです。時差ボケがキツそうですが。




体内時計をドイツに合わせる

もうすぐグラフィック・レコーディングの講座が始まる

Bikablo(ビカブロ)という、ドイツ本社で
ビジュアルプラクティスの老舗、
私はここが世界の頂点だと思っている。


ここが作っているマーカーは日本では発売されていなくてグラフィック・ファシリテーション や
グラフィックレコーディングをやっている人の憧れだ。
色のセットの選び方が秀逸、インクの色も日本のものとは違う透き通った美しさだ。


前回は9月に別の講座を受けた
ビジュアル・ストーリー・テリングというもの。
どんな場面でも「アピールできるストーリー」を持っていてそれを効果的に可視化できたら最強だよね
というものだったと理解している。


1日5時間の3.5日間には
前回の仲間がたくさんいる。
モナコからドイツから、
フランスにベルギーにアメリカにペルーなど、
アジアからはまたもや私だけ。

そらそうだ、夜の9時から朝の2時まで、
かなり深い時間帯だ。

みんな結構英語が苦手なのもラブリー。
「これ英語でなんていうのかわからないけど、、」と
誰かがいうとみんなが助ける。
個人発表もペア発表もある、
最後には卒業制作の発表会だ。


コロナは本当に大変な災いだ、
そんな中ZOOMで世界に出て行って
国を代表するビジュアル・プラクティショナー達と
クラスメートとして学ぶ機会がある。


このところの私には
人のやらないことをやっていないと
いざという時「腹に力が入らない」
そんな恐怖がある。

もちろん、こうやって学ぶ中で
世界中のグラフィックレコーダーやファシリテーターやコーチと友達になってやりとりが続くのが楽しい。

よし、
だんだんドイツ時間になってきているようだ、
私の体内時計は。