新ワークショップスタート:a new workshop



こんにちは。
ワークショップファシリテーターの岡です。




明日からの新ワークショップの仕上げをしています。

テーマは「思考スキルを学んで、あなたの課題解決を楽しくしよう」

今回は3回で1クール
それぞれ「マインドセット」
    「メタ認知」
    「アクティブリスニング」がテーマ。




さてその講義、今回であれば「マインドセット」について説明します。

そして最後はその回ごとのお楽しみ、
明日から使える思考スキルを練習したりします。




私はvtsという団体に所属するファシリテーターです。
世界中で活動する私のファシリテーター仲間の専門分野も実に様々です。
医者、ビジネスパーソン、弁護士に美大や芸大の教授、美術館の学芸員にアーティストも多くいます。

世界のVTS 認定ファシリテーター



私の流派のVTS は思考スキルを発達させるために約40年前にニューヨークで開発されました。
ハーバード大学の認知心理学者と美術の専門家が作ったものなのでアート教育の枠を超えて、世界中で幼稚園から大学院やグローバル企業で教育メソッドとして広く使われています。



今回は経営者の方向けのワークショップ、
前回はマーケティング会社でお届けし、社長さんも受講くださいました。
これまでのコミュニティーでのカフェカレッジに加え、ビジネス層の方々にも学びを楽しんでいただいています。


明日もワクワクをお届けするべく、仕上げと準備を最終確認です。





Tomorrow, I am going to hold a workshop which is a part of “Get familiar with thinking strategies”.
Using VTS(Visual Thinking Strategies) and visualization, the learners enjoy a few types of discussions.


The topic this time is “Mindset”.
I chose this because I was stunned when I found I had a fixed mindset.
Loving to learn new things, I had never regarded myself as a person with that mindset.

Nevertheless, the more research I did, the more description fits my personality or value system.
It took me a while to face the reality before I started to change my habit.

Now, I want people like me to go through what I have without the pain I had experienced.
VTS allows us to reflect on our mindset safely, since, seemingly, we are just talking about a work of art
at least overtly.

Tomorrow’s workshop is for employers.
Last one was for marketing research analysts.
Next month, it is for mothers.

I must focus on concrete and handy takeaways for every learner.






育てる・Connect


I often think, how long I will be able to continue working from now.
I am getting old,.


When I was a full-time English teacher, my goal was help my students realize their dream.
“I want to earn M.A. in MIT.”
“I need to earn MBA in University of London.”
I was their teacher and coach.
In a way, I help them grow.


Now, my goal is different. I want to connect people.
I do both graphic recording and vts facilitation.
Thankfully, I was given a chance to connect people in both fields.
Some of my vts friends have started to learn visualization, whille
some of my friends from visualization workshop are interested in vts.



By the way, I have rented a small farm for three years.
This year, the small leaves in the picture above has already grown to those in the picture below.
I cherish the growth which is similar to connection of people.





あと何年くらい働けるのだろう、
そんなことを最近よく考える。

ずっと前に会社の先輩が言っていた
「新しい冷蔵庫買ったのよね、
 私とどっちが先にくたばるんだろうって思うわ」

いやいや、そんなこと言わないでくださいよ、
そう返していた自分が、あの先輩の年齢になったことを感じる。

年齢のせいか、それとも子育てが終盤に差し掛かっているからか、
「育てたい」と猛烈に思う。

以前、英語の先生だった時は、生徒ちゃんの夢を叶えたいと思っていた。
『London大学の大学院でMBAとりたいんです』おっけ〜。
「MITで修士号とりたいんです』おっけ〜
新しい場所に飛び出してゆくお手伝い。
いわばロケットのブースターエンジンが私だった。
発射に成功して垂直飛行が安定したら切り離されるあれ。


今は同じ「育てる」でもちょっと違う。
人や団体の「つながり」を育てることが1つ、
もう1つは、
新しい場所に行く人ではなく
同じ場所に居続ける為に「モノの見方」を育てることだ。




具体的には、明日のZOOMの打ち合わせ。
ドイツのコロンにあるグラフィックレコーディング系のスーパー会社Bikabloの
えらいさんとだ。議題は、7月に出演する米国発ワークショップについて。
そのワークショップで紹介したいから、どうしたらいいですか?という議題。


一方で、米国のNPO『vts』のトップにもこの会社のことを話してある。
私が2つの団体を知り合いにできた、というのが誇らしくもあり、
何より嬉しい。両方の団体にはお世話になっているし、お互いのお客さんが
私を通じて興味を持ってくれたら、これ以上のハッピーはない。


みなさんもきっと同じですよね。
自分の好きな人同士を紹介したい欲、
欲? 欲だろうか?

違いますね、

「恩返し」
そう思います。




上の写真はうちの畑で種まきしてすぐのもの、
数ヶ月後には、見事なサラダカブになりました。

巻いた種が育っています。
物理的に見えると感慨ひとしお。
ひとの関係性も、このカブラのように育てたいです。


中央の焦げ茶色のは「ラディッシュ」です。
そう、あのキュートなやつ、
ちょっと育ちすぎましたな。











unpack/ メタ認知


I have been trying to unpack what I do when making vts visual note.

This requires metacognition.

As I plan and draw, my another self insists “Now you must take a picture.”

I take a picture every few minutes..

Then the planning and drawing-me comes up with a new idea.

I draw and write before I forget.

Soon the another self takes a picture.

In the end, I am pretty much confused.

I hope the left hemisphere of my brain will develop much faster.

Otherwise, I can not finish making my keynote presentation for this..



この夏、vtsスケッチノートを世界中のvtsファシリテーターたちに教える名誉を預かった。

準備に着手する。

と言っても、自分ではニコニコ楽しくノリノリでやってきたこと、
どうやって制作しているのか、人に説明できない。

そこで幽体離脱。
vtsで鍛えたメタ認知の力を咲かせてみせる。



具体的には描きながら、メタ認知をフル回転させる。

ちょっと描いては写真を撮り

また描いては写真を撮る。

「ほ〜、私はいつもこんな風にして制作しているのか」と認識する。

楽しい右脳作業の最中に、左脳の管理部門マネージャーが出てくる
を何度も何度も繰り返していると、ただ純粋に制作する時のように
集中できなくて楽しくはない。



カリキュラムをデザインするとはなんと大変なことだろう。


思えば英語の先生時代は楽だった、
文科省が作ってくれた学習指導要領という鉄板カリキュラムの中で
自由に泳いでいればよかったのだから。


広い世界で泳いでいる自分、結構いけてるスイマーやん、と思っていたら
なんのこたあない、私がいたのは25メートルプールだった。
転職しなければきっと「いけてるスイマー」と思い込んでいただろう。

みなさんの転職の時、そんな風に感じたことはありますか?