発表し続ける・Show Your Work


Yeah, I know. Actually I have the book: Show Your Work.
And yet, I was not that naive to believe something magical happens
when keep showing my work.



Then why did I do that?

Well, I must admit I was longing for that at the bottom of my heart maybe.
No, I was just very happy when seeing my friends were happy about my work.


This summer, I am to teach this vts visual note for vts practioners.
I am honored at the same time I am under a lot of pressure.



Show Your Workという本があります。
絵でもなんでも制作する人に向けて
「とにかく作品を発表し続けるんだ!」と
背中を押してくれる本です。


私も持っています。読後すぐには「よっしゃ〜」と
インスタグラムにあげていました。でもすぐに
いやいや、こんなんで何か結果が出るなんてないわ、
そんなの一部のすごい実力の持ち主がたまたま
うまくいった成功譚だ、自分には奇跡は起きない、なんなら「騙されないぞ」とか
「そんなに無邪気に信じてたまるか」と言い聞かせていました。
その本「作品を発表し続けろ!」を何度も読み返していたのに。



ところが、
いや、ないない、起きないわ、そんなこと
そう思っていた私に、起きました。

振り返ってみれば、作品を発表し続けただけではなく
VTSという「思考スキルを教えるメソッド」にどはまりして
ある意味痛々しいまでにどはまりしている日本人が
米国の本部の方達の目に留まりやすかったのでしょう。


その本部から講師を頼まれました。
写真のようなビジュアルノートを VTSの実践者に
教えることになったのです。
びっくり。


ZOOM開催なので世界中から参加できます。
対象はVTSの実践者なので、ほぼ全員が
美術館の学芸員、美大の教授や学校教諭、
プレッシャーはかなりのものですが
せっかくいただいたチャンス、
指名してくれたボスのためにも
いいものを完成させないと。


みなさんはどうですか?
何か作品を発表し続けていたら
「見つけてもらった」こと
ありますか?





出逢ってしまった


米国VTS認定ファシリテーターの岡です。


現在、いろいろなプロジェクトが進行しております。
大学の先生達と多様性を認める学校教育実践に関するものやビジネスストラテジストである夫と組んでのビジネス層の皆さんへのものや
この写真にあるような、名付けて『カフェ・カレッジ』など。



どのワークショップもベースは
VTS ビジュアルシンキングストラテジーズと
情報の可視化、グラレコ:グラフィックレコーディングや、グラファシ:グラフィックファシリテーションです。




30年間も続けてきた英語教師からのキャリアチェンジは怖いっちゃあこわい。
虎穴に入らずんば虎児を得ず、ですし、
それこそ背水の陣でもあります。


自分で選んでやってきた、というだけではなく今思えば、vtsにしろグラレコにしろ、
出逢ってしまったから仕方ない、という感じで、英語でいうところのCallingなのだと思います。


Theory U(U理論)の勉強会で中心人物のひとりマーティンが言ってました、
「それまでの仕事を投げ出して、
 新しいジャンルに飛び込んだ時、
 みんなに『アホかお前、って言われたよ、
 安定した仕事もあって生活の基盤もあるのに
 なんで、外国に行ってそんなことしないと
 いけないんだ』って」



私も言われました。
「なぜ安定した道を外れるのだ?」と。

でも、仕方ない、出会ってしまったのです。





どうせ背水の陣なら、、、と
プロジェクターを背負い始めました。
これならカフェでもコミュニティースペースでも白い壁があればどこでもvtsができる。
なんなら模造紙を持っていけば壁は白くなくてもいい。


どうせ、後半ではグラフィックファシリテーション をするので
現場には模造紙も担いでいるわけですし。

それにしても荷物が増えてゆく。




いま自分が進めている全てのプロジェクト、
それは
自分の知っている、近い人たちとの話のなかから湧き起こったものです。


同じ志を持つ、同じ課題を持つ人たちの話を聞いてサクッと「じゃあ、一度やってみますか?」と出張する、そんな存在でいたいのです。



それで、みんなが「あ、そうだったのか!」
「私ってこんな考え方してたのか、うっわ、気づかなかった」と
【安心できる環境の中で】自分を客観視してもらって明日からの問題解決や課題解決が、ちょびっとでも楽しくなったらいいな、とそう思っています。



コミュニティー、それは多分
物理的に近い遠いではなく、
自分の周りにいてくれる人たちのことかと。


こんな状況だからこその気づきなのかもしれません。
皆さんはどうでしょう?