ビジュアル格納庫


グラフィックファシリテーション やグラフィックレコーディングなど、情報の可視化の世界にもワールドクラスの有名人がいる。


私は英語でコミュニケーションを取るのが苦ではないので世界中のグラフィックなんちゃらのワークショップに参加してきた。



その楽しさに日々朝1時から3時まで参加していたら体調を崩した。
かかりつけ医曰く
「体内時計が崩れで自律神経が失調してるんやね、僕も大病院勤務の時は辛かった、当直や緊急やであなたと同じように、寝たり起きたりがぐちゃぐちゃになって、そんで鬱になってやめたんやで」


そうそう、
無理はできません。




ということで最近はなるべく控えています。


そのワールドクラスの中の1人と思われる人にケルビー・バードさんという女性がいる。

彼女はU理論のグラフィックもやっている人で、美大出身者らしく、抽象画のような独自のかっこいいものを描く、



私の最初のグラレコの師匠はドイツ人のBen,
彼のワークショップのゲストに彼女が出たのは昨年の冬あたり。
そんなスーパースターの彼女が言っていた
「時々、もうだめだ描けないと思う時があるわ」


私が読んだ彼女の著書:Generarive Scribingにも同じようなことが
書かれていた。


彼女はコーチを雇っているのだそうな。
それは「壁一面に貼られた白い髪の前に自分が立っていて、背後で沢山の人々が自分のグラフィックに期待を寄せている。
でも、頭が真っ白で何も描けない!」


そんな夢を見るのだそう。
その恐怖と共存するためのコーチが必要なんだと。


(うろ覚えです、詳しくは著書を読んでくださいね)



ワールドクラスのケルビーさんでもそんなことが!


いみじくも、私めもお気持ちわかります、、、

模造紙の前にマジックを持って立ったら
あとは経験値と自分の頭の中にあるビジュアルを頼るしかありません。
そんなんで、こうやってこそこそ描いては呪文を唱えます。
「入れ〜、入れ〜入ってくれ〜、脳のビジュアル格納庫に」

グラレコやりました。


しばらく前の話になりますが、数年前から寄せてもらっている団体にてボランティアでグラフィックレコーディングをしました。


私の担当は4名のブレイクアウトルーム。

発達凸凹の人たちが生きやすい社会に!が対話のテーマ、

いずれも日本中で実践をされている方達で、
大学教授や地方自治体の責任ある立場の方や
支援者として日々真摯に取り組んでいられる皆さんでした。


ここで主軸になったのは
「なんでもインクルーシブって考えでいいのかなあ」でした。

私も同意見です。
凸凹の人たちといっても職業も困りごとも様々で
他の困りごとと複雑に絡み合っていて
HSPやLD’学習障害に知的障害など、、


不登校の集まりに行った時も同じようなディレンマを感じました。
声をあげてゆくには集団としてでないと。
でも、ひとりひとりの状況は本当に様々で、、


いやしかし、
Don’t be skeptical!


諦めずに対話を続けてゆくことで、
みんなの「知恵のため池」ができると信じています。

とりあえずは、お役に立ててよかった。
そう思いました。