人間の器/Can you be as nice


Finally and sadly, four days of training on visualization is over.

In addition to the skills, I have learned much as a person.





During the training, there was a discussion about the best iPad app for
graphic recording. Personally, I use Procreate, though the luxurious functions
makes me dizzy sometimes.

One of the members introduced tutorials he made for another app.
He told us if someone was interested in the English version,
he would make one. Hesitantly, I said I was, since all the other 6 members
spoke French. I kind of felt it was unfair for him to do extra work during the
intensive training.

Amazingly, he made one just for me: this non-French speaker who
gave up on French during a freshman year,
after realizing there were something called male nouns and female nouns.


It is just amazing.
However, the story continues.


At the end of the final day, the trainer suggested we nominate one of the members and
share appreciation. To my surprise, this gentleman called my name:
“I would like to appreciate Miho.”
I was too surprised to remember what he said literally, so
I would like to conclude this writing with a line he wrote in our group line.
“We receive much more than we give.”


I will not forget both his generosity and this line.



4日間にわたる情報の可視化:ビジュアライゼーションの講座が終了。

それはもう刺激的で、時間内に作品を仕上げなくてはいけないし、
各自の作品に意味のあるフィードバックを与えないといけないなど
思ったより疲れていたようで今日はずっと家にいました。



その中で、人間の器の大きさの違いを教えてくれたのがザビエールさん。



これは彼が私だけのために作ってくれたとあるアプリの使い方のチュートリアル。
「フランス語版は作ってあったんだよ、でもみほはフランス語だとわからないよね、
 よければと思ってこれを作ってみた」

いや〜、できないな、こんなこと。


それだけでも感激なのに、話はここからなんです。





4日間の最後の最後の振り返りに
インストラクターは「誰か1人をえらんでその人に具体的な感謝を言おう」と。




このチュートリアルを作ってくれた、ビジネスコンサルタントであり
絵も相当上手で、ヨットの中から講座を受けていた彼は私を選んでくれました。


その理由は
「みほは大切なことを教えてくれた。
 人に何かしてあげると、その何倍ものものをもらえるんだって気づかせてくれた、
 ありがとう」



いやいや、

私は感激して、でも言葉足らずで
「日本に来てね、
 毒のある魚(ふぐ)をご馳走するね〜
 ロシアンルーレット、
 ほらほら、こわいでしょ〜
 いやいや嘘やけど」
なんて言っていただけだ。



ヨットから参加してくるあたり、
装備しているグラフィック用品の充実ぶりをみても裕福な人で
頭が良くビジネスもうまくいっているのだろうとは想像に難くない。
地位もあるだろう、当然。


それなのに、と言っては語弊があるが
こんなペーペーの対応にそんな深いものを感じてくれていたとは。


私が同じ立場ならできるだろうか?

できない、自分の課題でいっぱいいっぱいだと思う。



「人に何かをやってあげた」と思うのはやめて
「やることで自分の受け取るものの方がでっかいのだ」と思いたい。
そう思える人だから、皆に好かれて皆のリーダーであるのだろう。


またまた良い出会いでした。
器を大きくしたいです、私も。