Outputが死ぬほどつらいあなたへ

明日までに

なんとしてでも自分が教える新講座用のスライドを

キーノートのスライドをある程度完成させるのだ。


いやあ、これが悶絶するほどつらい。


日本語でも英語でも論文を読んでまとめては

「ほおお〜」や

「へええ〜」と新しい知識に出会うことを人生の喜びとしている私ですが

そればっかりでは仕事にはなりません。



でも、慣れ親しんだ
「1人コツコツ勉強」
「教えてもらう側」
「思考の範囲を先生が決めてくれ
上手い話術で楽しませてくれる状態」からなかなか抜け出せません。




でも、なんとか講義を仕上げないといけない。
このvtsというおもしろ教育が日本でだ日の目を見ないままになってしまう。
せっかく見つけた宝物をみんなと共有せんとどうするのだ!


でも、つらい。
特に今はコワーキングスペースもカフェも開いていない。
自宅で歯軋りしながら仕上げるしかありません。


仕事場用マンション なんてものももちろんないですし。



さて
そんなときどうするか?


これを使っています。


タイムタイマー



これの良いところは時間の経過が目に見えること。


これもvisual thinking ですし
グラファシ、グラレコに代表される「可視化」visualizationでもあります。


まず、机と椅子で自分をロックインしたら

このタイマーの透明なポッチを半時計方向に動かします。




そうするとこのように、赤い部分が出てきます。


サウンドをオンにしておくと
この場合だと15分経つとピピッと教えてくれます。


見える化って
効率化に繋がりますね。

タイムタイマー

ベロンベロンCEO

(今月のVTSLook Club をスケッチノート)



えらいことになった。

大きな声では言えないが、

まだ言えないが、

アメリカのNPOから仕事の依頼が来た。

そのために毎日のトレーニングメニューを2つ追加した。

半年くらいやっているドローイングと模写に足したのは

しばらくやめていたカリグラフィー 。

これを毎日45分やる。




アメリカといえば、昨年の夏に煮湯を飲まされた経験がある。

知り合いが紹介してくれた、
「スタートアップ企業のCEOがあなたに会いたいと言っている」


会ってみたら、全然スタートアップでもない
稼働前の何の利益も生み出していない会社だった。
(ここで『おかしい!』と見抜いて『無理っす』と
いえなかった私の失敗だけれど、今になると
学んだことは肝に銘じに銘じられている)」


全く利益を生んでいない会社、
スタートアップとはユニコーンのことだが
その会社は「スタートさせてみた」だけたった。


おまけにそのCEOは酒を飲んでベロンベロン、へべれけだった。

何の罰ゲームだ。



ベロンベロンは泣きながら懇願する

『この絵の中に描いてあるのは僕だ、
 なんなんだこのVTSってものは!

 頼む、頼むから説明してくれ!

 これは心理分析なんだろう?

 俺はどうなんだ、どうなっているんだ、

 ほら、診断を下してくれ!!』


地獄絵図だった。
周りの同僚は笑ったり
明らかに別のモニターで仕事してたり
参加者の誰1人として集中していない。
ってか、できない。
つねにベロンベロンCEOが泣き叫んでいるのだから。

「なんだこれ、なんなんだVTSって

 おい、お前、

 教えろ、いったいこれはなんのゲームだ。

 お願い、お願いだから教えろ、

 教えてくれ」


そんな中でもめげずにZOOMでVTSディスカッションを90分敢行した。



後日、CEOとかCOOとかからメールが届いた

さすが有名大学でMBAを取得しただけあって
ものすごくうまいライティングだった。
理路整然と分析してあった。
ちょびっと謝ってもいた。

最後に
「君はまだファシリテーター審査に合格していないと言ってたよね、
 この体験が、『難しいクライアントにVTSを遂行する』という体験として
 君の勉強に役立つことを祈ってるよ」




あれから半年

私は日本で唯一のVTSファシリテーターになった。
そしてアメリカのとある団体から仕事の依頼を受けている。



元気だろうか、ベロンベロンCEO
スタートはアップしたのだろうか。


私のVTS人生、
この先もあれほどのZOOM講座は絶対にないと断言できる。
下限として。



アツイ気持ち

朝5時から世界の仲間とVTSの練習会だった。

ファシリテーターになる為の研修で出会った後幹事役をやってくれる貴重な存在のおかげで
すっぽかしたりしない精鋭が集まった勉強会は
はや半年。



今日は「あなたの噂話をしてたのよ、
褒めてたの」

それぞれの国ではどう言うの? とおしゃべりからスタート。

「アメリカではね、誰かがあなたの墓の上を歩いてる、って言う」

「トルコでは、耳鳴りがする、って言う。
 
 右耳ならいい話、イスラム教では右は神聖なものだから。 左は悪口」



こんな話をしてからファシリテーションの練習をした。

英語ってやっぱり世界を繋ぐなあ、と実感。






実はこの夏、私はもう一段ステップアップの審査を受ける。

vtsファシリテーターの上はvtsコーチだ。

コーチの仕事はファシリテーターを育てること

ファシリテーター育成ではない、それはvtsトレーナーの仕事。




そのためには、コーチとしての練習が必要な訳だが、それには英語を流暢に話す仲間が必要。

参加する学習者は多いほどよい。

何より難しいのが「流暢な英語でvtsファシリテーターとしてすでに活躍している人」を見つけることだ。


そこでこの勉強会の仲間にメールで相談したら
力強いサポートのメールが世界中から届いた。

そして今日の練習のはじめにも、
ミシガン州立大学附属図書館の特別司書であるアンが言った、

「ともだちに声かけてるから、絶対来てくれる人たちはいる」

トルコの大学教授のスナも
「この時間真夜中だけど、ジャーナリストの友人誘うわ」

そのほかにもあちこちの友人が動いてくれている。



アンが最後に言った、

“Don’t worry. We will get you certified.”

(心配せんとき、

 私たちがあなたをコーチに合格させるからね)




困ったら信頼できる友人に腹わって話す、

そしたら助けてくれる、

なんて素敵なのだろう。

筆記試験と実技試験に向けて頑張って準備しよう

仲間の熱い気持ちの後押しを受け堅い決心をしました。

毎週朝練vts

毎週1度、仲間4人でvtsのファシリテーター練習会をしている。
ミシガン州立大学の教育司書のアンと
トルコの大学教授、博士号をもつスナと
米国中西部の教育委員会のお偉いさんのアリソンとそして私。


米国vts本部でこれ迄4種類の研修を受けた
同じ時期に参加したクラスメイト達、
うち1人が言ってくれて始まった
「私、幹事やるから、練習会やる?
 せっかくの知識や技術を忘れるのいやだし
 もっと練習が必要だと思うから」


これまでに隔週で4ヶ月、
そうなると、やはり世界共通のちゃらんぽらんもいて、すっぽかしまくりの人たちもいる。


この友人達と知り合ってかれこれ1年になる、
日本には便利な「調整さん」があるけれど
全世界版は存在しない。
司書のアンはどこまでもきちんとしている。
エクセル7枚で「ここなら大丈夫」を記入する時間表を作ってくれた。

アメリカ、トルコ、日本。
アメリカ国内の2人の時差は1時間だからなんとでもなる。
問題は、トルコと日本。
どうしても、一致する時間が無い。
ああ、、、と思い悩んでメールを送る、
「朝4時スタートはしんどいけど
 4時半ならいけるよ」
トルコのスナからの返事は
「いいよ、みほ、いつもは10時には寝るけど
 この日だけ12時すぎて寝るわ。
 午後11時開始でいいよ」
ミシガンのアンは
「1年ぶりにキャンパスで仕事ができるわ!
 6時に図書館の鍵が閉まるけど
 私は退出自由だからいいよ、、その時間で」
そしてアリソンも「オンラインばっかりだから
 私は1番融通がきく。合わせるわ」


この4人で毎週1度集まって1時間vts練習をしたり世界について話し合ったり。
みんなはそれぞれ生徒がいる場所に勤務している。
私は生徒のいる場所から離れて開拓者になった。


閉塞感は世界全体に蔓延しているようだ、
それでも私の生命は減っていることだけは間違いない。
生かされているこの奇跡のうちに、
開拓するのだ。このマーベラスでおもろい教育の敷衍を。

vtsコーチへの道第1回


うわっ、、、
これはレベルが違う!

始まりました、オンラインで受講する
「vtsコーチになるための研修 その1」

米国vtsによる研修はこれまでに2回受けている、
そんなに外様感もなく、過ごすことができた。
留学中に学んでいたときの
「明日までに400ページ読む!」という
あのプレッシャーに比べたら、、
と思っていた。



第一回を受講してみた今、
初めて、ついていけるかな、と不安の渦が。

受講者の内訳は
ロサンジェルスとかテキサスの美術館の学芸員3名
美術大学の教授5名(美術博士やん、、、)アメリカとカナダから
全米トップの医大の教授(医学博士やん、、、)1名
学校の先生 ポーランドから1名
そしてわたし。

博士比率が高い!

これまでも英語の先生として博士にご教授申し上げたことは
3回くらいございます。

しかし、落ち込んだのは初回の「vtsやってみようコーナー」で
使われていた語彙のアカデミックさ。
応用言語学・英語教授法の私は博士レベルの美術の専門用語の英単語を
持ち合わせていない。それだけでなく、訳してもなんのことか
わからないものが結構ある予感。

「本部が受けていいよ、と受講OKしてくれたのだ、
 食らいついてゆくしか、なかろう」

さて1ヶ月後、
私はどう変わっているのだろうか?
vtsを学ぶものとして、
vtsコーチングを使うものとして、、、。

自分がわかっている VS わかりやすく人に伝える

今日一日論文ばかり読んでいた。
ビジュアルシンキングストラテジーズに関しての理解がどんどん深まっている。
論文を読んで気になったところを深ぼりし、横道に逸れてさらに掘り進む、
なんとか元のみちに戻ってみると、体系的に理解が進んでいて嬉しくなる、
興奮する。

でもそれが今すべきことじゃない。


論文を読んでいるのはもちろん英語、そして私の理解もメモも英語、
学生としては、学習者としてはそれでいいのだけれど
今私に求められているものは、ビジュアルシンキングストラテジーズのメカニズムを
わかりやすい日本語でまとめたぺらいちの紙。
これがなかった為にいろんなチャンスを失ってきた。

そのペライチさえあれば、この教育を日本で広めたいという私の悲願がかないやすくなる。


場所を借りるにしても、協力者を見つけるにしても、誰かとユニットを組むにしても
オンラインで講座を開設するにしても、絶対に必要だ。


私のvtsビジュアルシンキングストラテジーズは対話型鑑賞ではない。
米国の本部の先輩に尋ねた、
日本ではvtsはart appreciation dialogueと訳されていることが多いのですがどう思いますか?
返事は「それは私たちのvtsとは違う」だった
居合道や合気道と同じ、流派の違いだ。
色々あっていいと思う。


私の流派は鑑賞というよりもとんがっている。
具体的には、参加者の絵の解釈の根拠の強さや論理的思考の精度を要求する。
世界中で行われているこの流派のビジュアルシンキングストラテジーズは
クリティカルシンキングや問題解決能力などの思考スキルを身につけるための思考の訓練なのだ。






小難しいことを小難しいままで理解して、仲間内だけで盛り上がっているうちは普及などできない。それは楽しくてほっとする場だけれども。


私の夢はもっとたくさんの人たちにこの教育の底力を体験してもらうこと。
そして、
事実と解釈を切り分けることが習慣的にできるようになってほしい。


人生にはうまくいかない時もある。
そんな、問題や困難な出来事に直面したときにこそ役立つ力が身につくのがvtsだ。
落ち着いて状況証拠を集め、根拠を精査し、論理的思考を働かせれば後悔が少ない決断にたどり着けるだろう。



vtsにハマる前の私は、日常の些細なことですぐ慌てふためき、白か黒かだけの選択肢しか見えなかった。

そんなのだから
結局、自分の決断には深く失望し
自己評価が低いままで生きてきた。
自分の認知が歪んでいるなんて指摘されても信じられない、
まがりなりにもこれまでの人生を、ずっとこの認知と二人三脚で生きてきたのだ。
そんなふうに思い続けていた以前の私は、
客観的に自分を見るメタ認知なんてものとは全く縁のない人間だった。

1度しかない人生、それも限られた時間に生きる私たち、
そんな生き方はもったいなさすぎる。


カップラーメンを発明した安藤百福がモデルの朝ドラを思い出す、
開発にはとても苦労していたが、
完成品のデモンストレーションでお客さんは即理解できた、
「お湯をかけるだけで食べられる!」

私のvtsは目には見えないお湯もかけられない
物理的に商品がないのが辛い、
そんなことを思いながらまだこうやって英語の論文に逃げている。あかん!


MoMAでアートの勉強

あいかわらず、ZOOMで海外に出かけまくっています。今日はMoMA:ニューヨーク近代美術館が年に3度ほど開催するArt21という教育プログラム。

さすがブランド! 200人以上が参加したウエビナーでした。まずはお約束、みんながどこから参加しているのかをチャットでHello.

今日は東京からもおひとり参加、日本勢は2人でした。上のイメージは私のスケッチノートです。3人のアーティストがそえぞれのナラティゔをどう制作に生かしているのか、という話。

左のおじさまは哲学畑の方、右上のお姉さまは東インド会社や植民地の話をされてました。右下の方は、コロンビアで治安がとても悪い頃の話、連れ去られておそらくは殺されてしまった人たちの靴からの話。

時折、学芸員たちが投げかける質問に
世界中の参加者がチャットで答える形式でして
それぞれの捉え方の違いにほくほく。どの意見もいいねえ、と思いました。うまいなあ、この言い方、的確だなあ、と思うものやwonderfulと一言で終わるもの。私は後者なので、願わくば、私もダイヤモンドみたいにキラッキラの語彙や強くて硬い表現力がほしい!と痛感しました。

大好きなジェームスボールドウィンやマヤアンジェロウの話も出てきてああ嬉しい。


アメリカの大学で文学の授業を選択したときに
初めて出会ったナラティヴというジャンル、
私は大好きです。「ひとに歴史あり」という感じがするんです。

今日の話は個人レベルからさらに大きなスケールの話でした。発信力のあるアーティストだからそういった昇華ができるのだろうと、改めてアートのもつパワーにどっぷりつかった幸せな90分はあっという間でした。


私のVTSは美術的な知識はほとんど教えないスタイルで、やっぱり学校の先生たち向けに作られているのだなと認識。それならやっぱりファシリテーション 技術を磨くしかありません、やぱそうだな。

左脳を培養

一昨日からPCDAサイクルを回している。
「いまさら?」
いまさらです。


完全なる右脳人間の当方、
ロジックツリーを見ると具合が悪くなります。
同じツリー形状でも
マインドマップなら平気、
どこまでも枝が伸びます。


そんな私でも、必要に迫られました。
新規事業を立ち上げたものの、進まない。
本能と思いつきだけではダメだと完敗宣言。

毎晩毎朝、リフレクションの手法ORIDを使い
手がだるくなっても青ペンで書き出します。
なんなら脳に効くらしいノートも購入し
左脳に直接働きかけようと、、。


書いていくうちに、その効果に気づき、
ちょっと楽になりました、生きるのが。
これがおととし売れたあの本か、メモの魔術か。いや威力だったか?


私の日々のふりかえりは、日本語版のORIDの質問表をPC画面に映し、4段回の振り返り。気になったところはマインドマップ で深掘り。
するとキーワードが思いつくのでそれを検索。
昨日は学研のWebサイトに掲載された茂木健一郎さんのエッセイにたどり着きました。


グッときた言葉がこれ


「いい人」を演じなくても


 あなたの価値は


 変わらないのです。」




いいひとを演じている時、脳はダメージを受けているのですって。大事な臓器、商売道具、
それは困る。

少しでもバグを減らし、大切な臓器を守り長持ちさせるためにも、今日も回しますPCDA。
やっぱり流行り物とは番人が効果を認めたから流行るのだ。がんばれ、私の左脳!

メタ認知スキルで傷つかない−2

さて、リモートワークショップを受けた際に先生が言った一言に反応した話の続きです。


「岡さんが英語のコミュニケーションの方が日本語より楽だというのは、母国語より制限がかかっているから楽なんじゃないですか?」



充実した講義が終了。
その後も、このことを頭の片隅に置いて考えていました。息子が小さい頃、口の中でずっとコーラ味のまん丸い飴をコロコロと転がしていたように。


無理をして書き出したりして結論や即答を急ぎませんでした。不思議です。今までの自分だったら、それは不安に直結するから嫌で嫌で、
力技で短絡的に(今思えば)ロジック破綻な答えをだし無理やりその分析が正しい、それしかないのだ、と思い込んで具合悪くなっていました。(書きながら相当恥ずかしいです)』




ではvtsがどう役に立ったのか?


これは、ts学習者としてではなく、
vtsファシリテーターとして獲得した力だと思います。ファシリテーターは3つの質問しかできません。私のコーチは常々言ってます、
「私たちvtsファシリテーターの武器は
 パラフレージングだけです」


受講者が絵画を観察し、言語化した発表を
ファシリテーターは単におうむ返しするだけではありません。メタ認知の力を使い、パラフレージング(言い換え)をして受講者グループに投げ返します。


さらに、受講者みなさんの意見を組み合わせたり対比させたりして、グループ全体でメタ認知が発動するように、もっていくのです。


私がこれまでのように、「もう、あの先生ひどい人、2度と会わないわ、サイアク」なんて思わず、「ためになったなあ、やっぱり人に教えてもらうって本を読むよりわかりやすいし楽しいなあ」と思えたのは、vtsファシリテーターとして80回以上の経験をつませてもらったからだと考えます。

来月から6週間にわたりvtsコーチになるための講座をオンラインで受けます。
時差がかなりきついけれど、好奇心がそれを上回る。

全編英語の上に、この教育に魅せられた志を同じくする旧知の仲間、
飛行機に乗らなくても本場のものが学べるとは!



vtsメソッドで訓練すると、
精神的幽体離脱が起こって
不必要に傷つかなくなる
それを体験した話でした。

ファシリテーション スキル「ほめない」


昨日のVTS(ビジュアルシンキングストラテジーズ)の練習会の話の続きです。


私が学んでいる機関は米国カリフォルニア州にある『VTS』というNGOです。全米の美術館での教育だけでなく、ファシリテーターを小中高に大学、大学院、企業と派遣しています。私もいつか派遣されたい、そう夢見てメタ認知やクリティカルシンキングについての論文を読み、教育実習でファシリテーション スキルを強化するために精進しております。


2人の仲間によるvtsディスカッションが終了し全員が「いやすべらんなあ」?と
この教育の奥深さ、おもしろさの余韻に浸っている時、弁護士のエマが言った、



「ねえ、今のファシリテーション 、
 みんなをめっちゃほめてたよねえ
 
 でも、私たち、講習で習わなかった?
 『ほめるのはダメです』
 『完全に中立の立場で議論が回るように』
 って」




さすがだ、
こうあるべきだ。
学習する組織として
コレクティブラーニングとしては
「楽しかったわあ」や
「すべらんなあ」で終わってはいけなかった。





確かに。
それは私の課題でもあるし、謎でもある。



教師生活31年、一方的に講義する授業ではなく
アクティブラーニングにこだわってきた自負はある。

だがしかし、その回し方に問題がある。
ほめないと、生徒は参加者は自発的に発言しないのではないか?
したとしても、その発言は当たり障りのないことに終始するのではないか?



先日受講した子供国連の伊澤さんのセミナーで
忘れられないひとことが思い出される、
テーマは問いの立て方。
「このような問いの立て方をすると、生徒と先生の関係において忖度がうまれやすい」



ミシガン州立大学の附属図書館の教育司書であるアンのファシリテーション スタイルは、私のものと同じ:だれも彼もかたっぱしからほめる。そして楽しい学びの場を引っ張ってゆく。





これが自分のスタイルなんだと、私がはしゃがないでどう盛り上がるのだ、授業が、そう思ってきた。いや、近年は「言い聞かせてきた」と言った方がいい。

やはり、忖度は起きている。
同志社大学で授業をさせてもらった時、
思い知った。学生みんな、私に気を遣ってくれていた。力不足。みんな、申し訳ない。





本部には『VTSコーチ』や『VTS トレーナー』という肩書きをもつ人たちがいる。私がこれまで受講した2つの講座で、その神業を目の当たりにした。そのうちの1人は私のアメリカの母校の近くに住んでいる。彼女はh、ひとたびvtsディスカッションが始まるとにこりともしない。最初は、その反応のなさに「私の答えは受け入れられてないのだろか?」と思い不安になる、手をあげて発表したことを後悔する。 でも私の発言を、彼女がメタ言語で言い換えると自分が光が輝いている気がする、誇らしさでいっぱいになる。なんだろう、これ。



薄々気がついてはいる、
たぶん、それはファシリテーション スキルの差


3月から1ヶ月半の講習に申し込んだ。
VTSコーチになるための講習。
私のテーマは
「ほめない、はしゃがないファシリテーション 」技術を身につけたい。心からそう思う。