ビジュアル格納庫


グラフィックファシリテーション やグラフィックレコーディングなど、情報の可視化の世界にもワールドクラスの有名人がいる。


私は英語でコミュニケーションを取るのが苦ではないので世界中のグラフィックなんちゃらのワークショップに参加してきた。



その楽しさに日々朝1時から3時まで参加していたら体調を崩した。
かかりつけ医曰く
「体内時計が崩れで自律神経が失調してるんやね、僕も大病院勤務の時は辛かった、当直や緊急やであなたと同じように、寝たり起きたりがぐちゃぐちゃになって、そんで鬱になってやめたんやで」


そうそう、
無理はできません。




ということで最近はなるべく控えています。


そのワールドクラスの中の1人と思われる人にケルビー・バードさんという女性がいる。

彼女はU理論のグラフィックもやっている人で、美大出身者らしく、抽象画のような独自のかっこいいものを描く、



私の最初のグラレコの師匠はドイツ人のBen,
彼のワークショップのゲストに彼女が出たのは昨年の冬あたり。
そんなスーパースターの彼女が言っていた
「時々、もうだめだ描けないと思う時があるわ」


私が読んだ彼女の著書:Generarive Scribingにも同じようなことが
書かれていた。


彼女はコーチを雇っているのだそうな。
それは「壁一面に貼られた白い髪の前に自分が立っていて、背後で沢山の人々が自分のグラフィックに期待を寄せている。
でも、頭が真っ白で何も描けない!」


そんな夢を見るのだそう。
その恐怖と共存するためのコーチが必要なんだと。


(うろ覚えです、詳しくは著書を読んでくださいね)



ワールドクラスのケルビーさんでもそんなことが!


いみじくも、私めもお気持ちわかります、、、

模造紙の前にマジックを持って立ったら
あとは経験値と自分の頭の中にあるビジュアルを頼るしかありません。
そんなんで、こうやってこそこそ描いては呪文を唱えます。
「入れ〜、入れ〜入ってくれ〜、脳のビジュアル格納庫に」