unpack/ メタ認知


I have been trying to unpack what I do when making vts visual note.

This requires metacognition.

As I plan and draw, my another self insists “Now you must take a picture.”

I take a picture every few minutes..

Then the planning and drawing-me comes up with a new idea.

I draw and write before I forget.

Soon the another self takes a picture.

In the end, I am pretty much confused.

I hope the left hemisphere of my brain will develop much faster.

Otherwise, I can not finish making my keynote presentation for this..



この夏、vtsスケッチノートを世界中のvtsファシリテーターたちに教える名誉を預かった。

準備に着手する。

と言っても、自分ではニコニコ楽しくノリノリでやってきたこと、
どうやって制作しているのか、人に説明できない。

そこで幽体離脱。
vtsで鍛えたメタ認知の力を咲かせてみせる。



具体的には描きながら、メタ認知をフル回転させる。

ちょっと描いては写真を撮り

また描いては写真を撮る。

「ほ〜、私はいつもこんな風にして制作しているのか」と認識する。

楽しい右脳作業の最中に、左脳の管理部門マネージャーが出てくる
を何度も何度も繰り返していると、ただ純粋に制作する時のように
集中できなくて楽しくはない。



カリキュラムをデザインするとはなんと大変なことだろう。


思えば英語の先生時代は楽だった、
文科省が作ってくれた学習指導要領という鉄板カリキュラムの中で
自由に泳いでいればよかったのだから。


広い世界で泳いでいる自分、結構いけてるスイマーやん、と思っていたら
なんのこたあない、私がいたのは25メートルプールだった。
転職しなければきっと「いけてるスイマー」と思い込んでいただろう。

みなさんの転職の時、そんな風に感じたことはありますか?