『VTSコーチ』 ご存知ですか?

I am going to be living in Pacifit Timezone for a month.

これまで米国vts認定ファシリテーターとして活動してきた私ですが、
次は【vts認定コーチ】となるべく動き出しました。

今回の1ヶ月にわたる講習の目標は
①1on1のコーチングをvtsメソッドを使ってできるようになること。
②vtsファシリテーターにvtsメソッドを教えられるようになること。



コロナ禍で色々とできないことは多いけれども、
家にいながらすっごい教育が受けられるのは至福の極みです。

ただ、そのプレッシャーは相当なもの、
これまで以上の強者が集う講習、
ほとんどが英語のネイティブスピーカー、
加えて高学歴で芸術に造詣が深い、
そんな彼ら彼女らが使うボキャブラリーの中には
わからないものもあります。
vtsコーチになるための認定審査に必要な力は
私が彼らを相手に「vtsファシリテーション 」を教え
私の「指導」でファシリテーターがどう上手くなったかを
指導前/指導後の動画を撮影し本部に送らなければなりません。



これまでに受講した2回の講座(初級・上級講座)と同様に
「宿題晒し者」になる恐怖に慄く小心者がここにいます。
vtsのどの講習でもたくさんの論文を読みます(もちろん英語で)
これまでに読んだ中では
ヴィゴツキーの発達理論を読むのは快楽で、
ピアジェのビデオを見るのも、
ベルフッくスやアビゲイルハウゼンの論文を
読むのも幸せの極みだけれど、
それを踏まえ、vtsに関する問いに答えるエッセイは、
たったの1パラグラフしか許されません。

言葉と思考の精査に悶え苦しむのです。
それをグーグルクラスルームで提出、
瞬時にアップロードされ『晒し者』に。
クラスメートは美術館の学芸員や学校教諭、医師や弁護士、
その強者たちでさえ慄く宿題に加えて、
彼ら彼女らを生徒役に教育実習が3回あります。

さて、宿題の提出期限はクラス開始の2時間前、
1時間前あたりに世界中からアップロードが開始。
受講生みんなが出方を伺ってギリギリの攻防をしています。

1年間続く勉強仲間には、サウジアラビアに住む若い女性がいます。
女性の権利勝ち取るためにこの教育を学んで普及させるのが目的だと。
彼女も国内唯一人、私も同じ。
そんな世界中の仲間と苦労話ができる交流会が
今回も2度ほどあ利、顔見知りのファシリテーター仲間と
世界ではvtsメソッドをどう使っているのかの
情報交換をするのが楽しみです。

3月中は西海岸時間で生活する私、
その時差は17時間、
理解ある家族の協力を受けて楽しみます。

VTSファシリテーション

今朝は5時開始、
VTSルッククラブに参加。

米国のVTSという団体が、
ビジュアルシンキングストラテジーズを広めるための体験講座だ

今日の参加者は56名、
いつもの米国のみんなに加えて
ポーランド、オランダ、スロベニア、アルゼンチンなどからも参加者が。
https://vtshome.org/events/
(講座は全て英語で行われ、日本語訳はありません)



私はこの団体で2種類のファシリテーター養成講座を受けている、
ビギナーとアドバンスド と。
今日はクラスメートがたくさんいた。
グラフィックレコーディングを学ぶうちに知り合った
世界中の友人との楽しいやりとり然り、
「絵」は人と人とを繋ぐ、それも軽やかに。


今日はオーストラリアの美術館の学芸員チームがゲストで参加。
収蔵作品を持ってきてくれた
私の講座の受講生も「美術館に行きづらい今
自宅で作品がみられるだけでも嬉しい」と言っていた気持ちがよくわかる。
画面共有が始まった段階で、いつもの自室がギャラリーになる。
パッと花が咲いたよう、異空間にワープするような。


VTSの開発者のひとりはハーバード大の認知心理学者アビゲイルハウゼン。
彼女はvts講座への参加歴を{eyes on canvas}と呼ぶ。
キャンバス (アート)をみている時間が長ければ長いほど思考も豊かになる、
さらに、考えが柔軟になり、前提を疑うことへのためらいが薄れる



自分がファシリテーターとして活動する間に
西洋と東洋の違いに非常に敏感になる。
今日の1枚目の絵画、私は全く言語化できなかった。
ただそこにある絵画と言う感じ。
美術館で出会ったら一瞥して歩みを止めないタイプのもの。
好きか嫌いか、そこだけで判断していた以前の自分。

今は違う。
VTSメソッドではそのような状態を It is diffeicult enter.と表現する。
入り込めなかった。その絵をドライブにして思考を動かすことができなかった、
そう解釈する。


対して2枚目、これは別の意味で困った。
頭の中に次から次へとナラティブ(ストーリー)が湧いてきて止まらない。
発表したいが、止まらない考えを人前で発表できるように整理するのに一苦労。
集中しすぎて気が遠くなりそうだ、
時間がかかりすぎていないだろうか、
今日も一言も発せずに終わるのか、
いや、折角早起きして出席しているのだもの
自分に負けるような気がしてそれはいやだ。
絵に集中する自分とそれを俯瞰してみている自分、
これこそメタ認知だ。
アドレナリン、どば〜っ




結果として、今日は1回発表できた。
人前で自論を語るというのは勇気のいること。
それを褒めてくれ、完全に中立性を保ち、
みんなの同意も反論もしなやかに受け止めたオーストラリアのファシリテーター、「上手いなあ、、」

ファシリテーション は技術、
親しみやすさや面白さだけに特化している体の自分を恥いる。
修練あるのみだ。


I have joined VTS look club almost every week for about a year.
Every time, I attend it, I learn something new, and am overwhelmed by the efficient and sophisticated facilitation presented.

Will learn more. Will practice more.

無理して訳さなくても ええのに

大学1年生の娘のテストとレポート提出がほぼ終わった。

大学のキャンパスに行けたのは5回。

膨大な蔵書に惹かれ入学したのに、
志を同じくする同好の士に出会いたくて受験を頑張ったのに。
感染症が理由とはいえ、親としては可哀想で胸が痛い。

さて、そんな彼女のお疲れさん会の準備に
成城石井に2人で出かけた。
店内で流れていたのがこの曲、懐かしい感じさえもする,
『レリゴ〜〜』

娘が言う「なんで訳すんやろ、このままでよくない?」
私「ほんまにね。松たか子にも英語で歌わせてあげたかったわ。
英語の方が絶対にもっと朗々と歌い上げられるのに」



英語と日本語は親戚でもなんでもない。
日本の大学でもアメリカの大学でも何度も見た言語系統の図
「インドヨーロピアン言語」という
一大メジャー言語圏のトップスターが英語。
対して日本語はひとりぼっち。
Wikipediaにも「日本語は系統が未確認」と書かれている


なんでも日本は稀に見る翻訳大国らしい。
確かに私の好きな欧米の作家の作品もたくさん和訳されている。
便利だろうと思う、英語を使わない人にとっては。


しかし、なんでもかんでも、
必要ないと思われるものでも訳す癖は今の時代に必要なのだろうか。
カタカナではダメなのだろうか。レリゴーしかり。



そして、我が愛するVTSは「対話型鑑賞」とか言われる。
米国のVTSに尋ねてみたら
「それは全然違う」とのこと。
我が流派は
「30年以上の科学的データ集積と翻訳に裏打ちされた教育学」なのだ、と。

合気道のように、いろんな流派があるのはいいことだと思う。
しかしながら、私が日本で『VTS』とか『ビジュアルシンキングストラテジーズ』
(複数形、ストラテジーズです)
と口にするたびに「ああ、対話型鑑賞ね」と決めつけられるのが辛い。
違う流派も存在します。
どっちかというと世界では我が流派の方が知られております。
英検もあるけど、TOEFL か IELTSなのよ、と同じ感じです。



ここで翻訳文化について考えたい。
対話型鑑賞、こういう、一見すると納まりのよい名詞句には要注意なものがいくつかある。
対話型鑑賞がその手の西の横綱なら、東の横綱は「クリティカルシンキング=批判的思考」。

実際は、critical thinkingという概念は、
このように漢字5文字でサクッと表せるものではないと私は強く思う。
尊敬するbell hooks先生だって、論文でこの概念を説明するのに何ページも使ってらっしゃる。


独自の文化が日本の魅力だとは重々承知、
だけれども、複雑な概念をサクッと漢字の塊に単純化するのはやめた方がいいと私は思う。

訳せないものはそのままで、
サクッと説明できないものもあるのだという現実を受け止めたらどうだろうか。


言葉は便利だけれど、この世には言語では説明できないことが山ほどある。
その方が多いと個人的には思う。
敬愛する京極先生もそうおっしゃっていた。